再設計されたGalaxy Note 10.1の画像、Sペンが本体に収納可能でプロセッサがクアッドコアExynosに変更

access_time create folderデジタル・IT

再設計されたGalaxy Note 10.1が海外で最近開催されたSamsungの ”Galaxy Knights”イベントで展示されていたそうです。上図が新しいGalaxy Note 10.1(しかもホワイトカラー)で、ドイツのブログ TeckFokusによると、2月の発表ではデュアルコアExynosだったプロセッサがクアッドコアExynosに変更、画像でも確認できますが、Sペンの収納口が新たに設けられています。Sペンが本体に収納可能にしたからなのか、Sペン自体が当初のものより小型化しています(デザイン・サイズはGalaxy NoteのSペンと似てますね。同じものかもしれません)。OSバージョンもAndroid 4.0.4にアップグレードされています。

Source : TeckFokusAndroidnext  



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Facebookページの「2012 Summer New Product Review」で2012年夏モデルを紹介、コメントの投稿や閲覧もできる
Samsung、「Galaxy R Style(SHV-E170S/K/L)」を来週韓国で発売
スマートフォン向け「MapFan」がauのAndroidスマートフォン/iPhoneに対応、EZWeb向けサービスの会員情報引継ぎにも対応

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧