ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

動画:麻薬密輸取り締まり最前線 ヤツらは工作員御用達の半潜水艇でやって来る!

アメリカの沿岸警備隊が公開した麻薬密輸摘発現場の衝撃映像。麻薬密輸業者が使っているのは、北朝鮮の工作員なども使うという半潜水艇。どんだけデカい組織と戦ってるんだ!?


https://twitter.com/USCG/status/1149350510484475905
6月18日に拿捕した際のヘルメットカメラ映像を見ると、隊員が指差す先にあるのは、各国の特殊作戦部隊や北朝鮮の工作員なども使用する半潜水艇。スペイン語で繰り返し停船を呼びかけるも止まる気配がないため、ボートを横付けして跳び移り、ハッチをガンガン叩いて男を引きずり出した。東部太平洋地域では、5月から7月にかけて3隻の沿岸警備隊の船が14件の密輸を摘発し、17トン以上のコカインとマリファナを押収。末端の推定価格にしておよそ610億円分もの麻薬密輸を阻止した。

半潜水艇は完全な潜航こそできないものの、水上レーダーに映りにくく肉眼でも見つけにくい。この海域だと海面を泳ぐクジラと誤認しそうだ。近年、麻薬密輸業者はメキシコなどからこのような半潜水艇や高速ボートでアメリカ沖までやってきて、海上で麻薬の受け渡しを行っていることが多いとみられている。

6月25日に撮影された写真によると、複数のエンジンを積んだパワーボートを停船させるために、ヘリからエンジンを狙撃したそうだ。軍隊並みの装備と練度がないと対抗できないわけだね。ちなみに、中南米からの麻薬密輸取り締まりに力を入れるトランプ大統領がこの半潜水艇動画を誇らしげにリツイートしたところ、「国境に壁を作る意味とは?」「海にも壁を作らないと!」とツッコミを入れられていた。

画像とソース引用:Twitter及び米国沿岸警備隊プレスリリースより
https://content.govdelivery.com/accounts/USDHSCG/bulletins/2506fd0[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき