ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

Apple、MacBookのバタフライ式キーボードを廃止か!? シザー式キーボード切り替えのうわさが急浮上

Appleが次期MacBook 以降バタフライ式キーボードを廃止する、といううわさが浮上。2019年のMacBook Airから新型のシザー式に切り替えるのでは、と報じられている。

・MacBookのデザイン性を高めたバタフライ式

うわさを伝えたのは、Appleに最も近い情報ソースとして知られる財務アナリストのMing-chi Kuo氏。同氏の話では、この新型キーボードは新規の設計で、グラスファイバーでキーを補強するらしい。こうすることでキーにしっかりとした打鍵感を与え、耐久性を高めるのだという。

もともとAppleがMacに採用していたのはシザー式だったが、2015年の12インチMacBookからバタフライ式を導入。キーボードを支える四角いプラスチックの部品が左右に分かれており、それが蝶の羽のように見えるところからそう呼ばれている。

特長はキーボードを薄くしてストロークを短くしても、ちゃんとした打鍵感を与えるところ。さらに、ぐらつかないようキートップをしっかり支えてくれる。薄型のキーボードはデザイン性も高く、MacBookを美しく洗練された姿に格上げした。

しかし、このバタフライ式キーボードはAppleに予想外の結果をもたらした。ユーザーから特定のキーが動かない、押したキーが返らないといった苦情が相次ぎ、ついには訴訟されるという最悪の事態を招く。訴えたのはWall Street Journalのコラムニスト。わずか4か月の使用でキーボードが壊れたという。これに対し、Apple側は今年3月に謝罪した。

・MacBook Proへの展開は来年!?

Kuo氏いわく、新しいキーボードの開発は順調に進んでいるそうだ。製造コストもバタフライ式よりは抑えられるため、Apple側の負担も軽減されるだろう、とも述べている。

気になるのは9月に発売が予想されているMacBook Proへの導入。同氏は、こちらへの展開は2020年になると見ている。これが事実か否かは、次の新製品が発表される頃に判明するだろう。

souce by 9to5Mac

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき