ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

コモン、3年ぶり新ALからスウィズ・ビーツをフィーチャーした新曲を急遽リリース&MV公開

コモン、3年ぶり新ALからスウィズ・ビーツをフィーチャーした新曲を急遽リリース&MV公開

 3年ぶりのアルバム『レット・ラヴ』を8月にリリース(日本盤は9月4日)するコモンが、収録曲「ヘラクレス ft. スウィズ・ビーツ」のデジタル配信をスタートし、MVも公開された。

 「ヘラクレス ft. スウィズ・ビーツ」では、スウィズ・ビーツからのソウルフルなバッキング・ボーカルの間にコモンならではの鋭いワード・プレイを展開。MVは、コモンがiPhoneに向かってラップする間に、監視カメラに引っかかったコンビニ強盗を阻止する、といった内容でヴィンス・ステイプルズがレジ係としてカメオ出演している。

 今回のアルバムは、2016年にリリースされたアメリカ国内のおける黒人による黒人差別や犯罪、ギャングなどの問題を掲げたアルバム『Black America Again』以来3年ぶりとなる作品で、今年5月に出版された最新著書『Let Love Have The Last Word』から多大なインスパイアを受けた作品。

 プロデュースを手掛けるのは、オーガスト・グリーンでも一緒で厚い信頼を寄せているカリーム・リギンズを中心に同じくオーガスト・グリーンに参加していたバーニス・トラヴィスとサモラ・ピンダーヒューズ。

 フィーチャリング・アーティストも、ダニエル・シーザー、ジル・スコット、レオン・ブリッジズ、 スウィズ・ビーツ、レケイリ―47、BJ・ザ・シカゴ・キッド、A-Trakなど豪華ラインナップとなっている。

 コモンは、本作品『レット・ラヴ』に関して、「神が私たちに与えてくれた最も素晴らしい贈りもの=音楽への私の情熱、神聖な愛の集大成なのです。」とコメント。

 なお、先達て7月2日にコモン自らも参加のもとロンドンで行われた『レット・ラヴ』のリスニング・パーティー潜入レポートがHIP HOP DNAに掲載されている。

◎リリース情報
アルバム『レット・ラヴ』
2019/9/4日本盤RELEASE
※デジタル&輸入盤:8月30日(金)RELEASE
UCCO-1210/2,700円(tax in.)
<収録予定曲>
01.グッド・モーニング・ラヴ ft. サモラ・ピンダーヒューズ
02. HER Love ft. ダニエル・シーザー 
03. ドゥウェルズ・インタールード 
04. ヘラクレス ft. スウィズ・ビーツ
05. フィフス・ストーリー ft. レケイリ―47 
06. フォーエヴァー・ユア・ラヴ ft. BJ・ザ・シカゴ・キッド
07. リーダーズ (クリブ・ラヴ) ft. A-Trak
08. メモリーズ・オブ・ホーム ft. BJ・ザ・シカゴ・キッド、サモラ・ピンダーヒューズ
09. ショウ・ミー・ザット・ユー・ラヴ ft. ジル・スコット、サモラ・ピンダーヒューズ
10. マイ・ファンシー・フリー・フューチャー・ラヴ
11. ゴッド・イズ・ラヴ ft. レオン・ブリッジズ、ジョナサン・マクレイノルズ
12. フューチャー・ラヴ ※日本盤ボーナス・トラック

関連記事リンク(外部サイト)

コモン、ハーフタイム・ショー出演のトラヴィス・スコットに対し「やらないでくれたらな、とは思う」
ハービー・ハンコック、ニューALにケンドリック/フライロー/コモン/ウェイン・ショーター/スヌープなど豪華ゲスト参加
【アカデミー賞2018】メアリー・J.ブライジ/コモン&アンドラ・デイ/スフィアン・スティーヴンスらのパフォーマンス決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき