ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ワーナーの動画配信サービス「HBO Max」が2020年春リリースへ 「フレンズ」独占配信や「バットウーマン」などコンテンツ充実

米ワーナーメディアは、新たな動画配信サービス「HBO Max」を2020年春に米国でリリースすると発表しました。

ワーナー傘下のHBOは既に動画配信サービス「HBO Go」「HBO Now」を展開していますが、HBO MaxはHBOのオリジナル作品のほか、ワーナーブラザース、ニューライン、DCエンターテインメント、CNN、TNT、TBS、truTV、CWテレビジョンネットワーク、ターナー・クラシック・ムービーズ、カートゥーン・ネットワーク、アダルトスイム、クランチロール、ルースター・ティース、ルーニー・テューンズのコンテンツを結集。

リリース当初は人気シリーズ「フレンズ」「プリティ・リトル・ライアーズ」の全話独占配信に加え、2019年秋に放送開始予定のDCドラマ最新作「バットウーマン」や、「リバーデイル」のスピンオフ「ケイティー・キーン」などの配信がアナウンスされています。

「ARROW/アロー」や「THE FLASH/フラッシュ」などの製作総指揮を務めたグレッグ・バーランティや、オスカー女優のリース・ウィザースプーンが、HBO Max向けの映画製作を務めることも決定しているとのこと。

そのほかオリジナル作品として、フランク・ハーバート原作のSF小説シリーズをベースとするドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「Dune: The Sisterhood(原題)」、元読売新聞記者ジェイク・エーデルスタインのノンフィクションを基にアンセル・エルゴートが主演を務める「Tokyo Vice(原題)」といった話題作が続々と登場する予定です。

リバーデイルやアローなど現在Netflixにライセンス供与されているコンテンツは、今後数年間はNetflixにて視聴可能ですが、フレンズは2020年に米Netflixから引き上げられることが発表されました(日本国内は不明)。

Netflix、Hulu、Disney+といったサービスと競合するHBO Maxに関して、利用料金や日本向けの展開は現在のところ未定です。

HBO Max – WarnerMedia’s New Streaming Service(YouTube)
https://youtu.be/LCS4CaZ9dwg

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき