ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

新幹線にも「秘境駅」があった!?青函トンネル記念館は列車好き必見!

新幹線にも「秘境駅」があった!?青函トンネル記念館は列車好き必見!

ホリプロでタレントのマネジャーをやっております南田裕介と申します。列車が大好きで、全国のいろんな列車に乗っています。

東北新幹線がデビューしたのは1982年。まだ私が小学生のころでした。初めはJR大宮駅〜JR盛岡駅間、まだ新幹線は200系という団子っ鼻の丸い新幹線でした。その後平成になり、東日本全体で新幹線のネットワークはどんどん増え、いまでは新幹線の連結や切り離しなど、デビュー当初には考えられなかったようなことも、当たり前の姿となっています。

今回の旅でたどるのは、列車の歴史。特に、北海道新幹線が通る「青函トンネル」の歴史です。普段はなかなか降り立つことのできない、秘境駅にも立ち寄りながら、行ってきます!

東京駅

令和の東北・北海道行きは東京発の新幹線で

まず目指すのは、JR東京駅から奥津軽いまべつ駅。「新幹線秘境駅」とも呼ばれている、本州最北端の新幹線駅です。乗り込むのはもちろん、東北新幹線!

東北新幹線は、2002年にJR盛岡駅からJR八戸駅までが開業し、新青森駅まで延伸。その後2016年3月、青函トンネルを通って新函館北斗駅まで結ぶ北海道新幹線も開通。さらに2019年のダイヤ改正では東京駅から新函館北斗駅まで、4時間を切る列車も設定されるようになりました。

昭和に夢見ていたことが、平成にどんどん実現していったのです。

東北新幹線

このすらりと伸びた鼻、独特のフォルムのE5系。デビューして何年もたつのに、いまだに新車感がありカッコいいです。

大都会のビルをみながら、新幹線は東京駅から北に向け出発しました。

筆者

大宮駅でもたくさんのお客さんを乗せ発車するとどんどんスピードをあげていきます! 日本最速の320km/h。

一本炙りあなご弁当

東京駅で入手した「一本炙りあなご弁当」をペロリといただきながら乗車すること2時間13分、盛岡駅に到着。ここで、秋田新幹線「こまち」と切り離しをします。

東北新幹線と秋田新幹線の切り離し

切り離しにはロマンがあります。寄り添っては離れて、離れてはまた繋がって。まるで人生のようです。東北新幹線「はやぶさ」はここからは単独で運行。

東京から3時間19分。新青森駅に到着すると、ここからは北海道新幹線、JR北海道の乗務員さんと交代です。

奥津軽いまべつ駅・津軽二股駅

日本一小さな新幹線駅のある町

新青森駅から北海道新幹線でおよそ16分、奥津軽いまべつ駅に到着です。新幹線から下車すると、空気が東京よりも少しひんやりしているような。

奥津軽いまべつ駅

この駅はもともと「津軽海峡線」の「JR津軽今別駅」。新幹線が開業して「奥津軽いまべつ駅」と名前を変え、駅舎も立派になりました。

津軽今別駅(新幹線開業前)

新幹線開業前にあった「津軽今別駅」(写真提供:南田裕介)
奥津軽いまべつ駅

新幹線開業後の「奥津軽いまべつ駅」

この駅にはいくつか特徴があります。在来線と合流し三線軌条※になった線路は、再び分かれて奥津軽いまべつ駅を挟むような形で配線されています。この駅で新幹線が貨物列車を追い抜けるようになっていて、こういったスタイルは日本でここだけです。

※三線軌条(さんせんきじょう):普通の列車は2本の線路だが、線路が3本になることを「三線軌条」と呼ぶ。

入場券の看板

さらに、この駅は本州にありながらJR北海道の駅なので、JR北海道が発行している、101種類の絵柄があしらわれた記念入場券、「わがまち ご当地入場券」が売られています。

奥津軽いまべつ駅内の時刻表
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき