ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ドラマ『アフロ田中』主演・賀来賢人さんを“非モテ代表”記者が直撃! 「フラれたことってあるんですか?!」

本日7月5日より、いよいよ放送スタートとなる、WOWOWオリジナルドラマ『アフロ田中』。『今日から俺は!!』ブームも記憶に新しい賀来賢人さんが全力で挑む、笑ってちょっぴり感動もしちゃう、脱力系青春コメディです。

母親譲りの強烈なくせ毛を持ち、実は女性と一度も付き合ったことの無い主人公の田中が繰り広げる恋愛にまつわるドタバタが魅力の本作。賀来賢人さんといえば、どこからどう見てもイケメンで素敵な男性なのですが、ドラマの中では女性に免疫が無く、変につっぱしってしまう、非モテ男子を熱演しています。

「でも、カッコいい賀来さんが非モテの田中くんを演じるのって大変じゃなかったのかな?」「きっと本当の賀来さんはフラれたことなんてないのに!」と、”非モテ男子代表”のアフロ長田記者が賀来さんに直撃インタビューをしてきました!

▲”非モテ男子代表”のアフロ長田記者

▲同じ人間とは思えない頭身の違い。アフロ長田と賀来賢人さん。

アフロ長田:失礼します!今日はよろしくお願いします!

賀来賢人さん:すごい、アフロですね!

アフロ長田:実はドラマの中で賀来さんが着用していたアフロをお借りしています。

賀来賢人さん:そうなんですね、これいいですよね?! アフロの中でも特にしっくりくるというか、どんな人にも似合うんですよ。すごく似合ってますよ。

アフロ長田:(わあ、カッコいいだけじゃなくて優しいなあ)賀来さんってめちゃめちゃカッコいいので、非モテを演じるって正直大変じゃないですか…?

賀来賢人さん:いえいえ、そんなそんな。『アフロ田中』の時は、だるだるのスウェットですし、メイクもそんなにしていないし、アフロだし、朝起きてボーッとしたまま現場に行っていたんです。だから田中くんのイメージは結構つかみやすかったです。だってこんなんですよ?(笑)

賀来賢人さん:何も考えずにリラックスして出来たし、楽しかったです。

アフロ長田:こう、気を張らずに演じられたというか。

賀来賢人さん:そうですね! いかに脱力するかという感じで。カメラの前に立つと意識してちゃんとした顔をしないといけない、といつもは思っていますが、とにかくボーッとして。

アフロ長田:こんな事聞くのも失礼なのですが…、賀来さんってフラれたこととかあるんですか……? 僕はフラれた数の方が多いのですが。

賀来賢人さん:フラれた数の方が多いんですか!(笑)でも僕もありますよ。はるか昔の事ではあるんですが、学生時代に僕は男子校だったので、よその学校の女子に告白してフラれたっていう思い出がありますね。

アフロ長田:賀来さんほどの方でもフラれることがあるなんて驚きです。僕なんかはフラれると、この世の終わりみたいに落ち込んでしまうのですが。

賀来賢人さん:そういう時は、僕は落ち込むとかじゃなくて「クソが!」と心の中で周りに八つ当たりして(笑)。自分のせいにしないで立ち直ってたと思います。

アフロ長田:(笑)。ああっ、なるほど!

賀来賢人さん:クソが!っていうのは悪いですけど、「ああ、ご縁が無かっただけなんだなあ」と思えばそんなに落ち込まずに済むかなと思うんですよね。

アフロ長田:ちょっと田中くん世代の昔の僕に聞かせてあげたいです。この言葉。

賀来賢人さん:田中くんがそうなのですが、当たって砕けたとしても、とりあえず行くことが大切なのかなと。まずは気持ちを伝えたり、その打席に立たないと何もはじまりませんから、行動すること。フラれるのが怖くて何もしなかったらそのままで、後からもっと後悔するんじゃないかと思うんです。田中くんも第一印象はアホっぽいけど、すごくいいヤツで、関わるとその良さに周りが気付くので、まずはちゃんと話しはじめることが大切なのではないかと。

アフロ長田:まずは行動すること。全てのガジェット通信読者に伝えていきたいと思います。今日はありがとうございました!

WOWOWオリジナルドラマ『アフロ田中』特集
https://getnews.jp/afrotanaka
7月5日(金)スタート 毎週金曜深夜0:00<全10話>

【ストーリー】生まれつき母親譲りの強烈な癖毛だったため、小さいころはいじめられる毎日を送っていた田中広(賀来賢人)。
しかしあるとき、開き直って伸ばした癖毛はみおとなアフロヘアに進化。それからは、その見た目のインパクトから、田中は“経験豊富”、“ケンカが強い”と勘違いされて学生時代を過ごしてきた。
しかし実際はいまだに女性とキスもしたことがない童貞男。そんな田中は22歳のとき、クビになった会社の社長から仕事を紹介され上京を決意する。

東京のトンネル工事会社に就職した田中は、毎日肉体労働に励み、銭湯で汗を洗い流し、ビールを飲むという健全な毎日を過ごしていた。そんなある日、田中は寮に住む班のリーダー鈴木(小澤征悦)から合コンに誘われる。
会社の先輩の西田(松尾諭)や同い年の高橋(白石隼也)とともに、 いざ丸の内のOLとの合コンへ。そこにやって来たマキ(夏帆)と、田中は運命的な出会いをする。

撮影:オサダコウジ

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき