ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • “1週間で作れる映像は5.8秒”スタッフの愛と情熱があふれる「フランケンウィニーアート展」/注目アイテムもご紹介!
  • 映画『ピーターラビット』でウサギの宿敵を演じるドーナル・グリーソンの“神経質イケメン”さが最高だった
  • 『推理作家ポー 最期の5日間』監督が語るエドガー・アラン・ポーの魅力「人生と作品が巧みに交差している」
  • 【動画】『ジャングル・ブック』の最新実写映画、狼に育てられた少年モーグリの冒険をテレビスポットで公開
  • 人間らしい理想の“最期”とは? 映画『ハッピーエンドの選び方』に賞賛の声続々
  • ツアー直前の“できちゃった報告”にプー・ルイ激おこ! BiSのドッキリ企画が相変わらずガチ過ぎる
  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ監督、米20世紀フォックスによる映画『Irredeemable(原題)』の監督へ
  • メル・ギブソンとショーン・ペン、映画版『博士と狂人』で共演へ
  • ザクロベースの大人味『アデライン、100年目の恋』特製コールドプレスジュース〈ADALINE〉完成!
  • 蝋で作られた映画キャラの胸像がリアルすぎる!
  • 「今日のエスコバル」第8回:エスコバルの大失恋。
  • 【動画】映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のすべての予告編をひとまとめにしたスーパーカット版が公開
  • 独占:『インクレディブル・ファミリー』秘密のミッションで大活躍の最強ママ! ヘレン(イラスティガール)特典映像
  • 松本人志監督最新作『R100』特報映像解禁! 主演に大森南朋
  • 【動画】映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、若きジャック・スパロウのストーリーを描く新トレーラーが公開
  • ルックスだけが武器じゃないから! 美女が復讐に立ち上がる『REVENGE リベンジ』は手に汗握る快作[ホラー通信]

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

地下鉄の中で卓球? 寛容なニューヨーカーもダメ出し派多し

先日もお伝えしたように、ニューヨークの地下鉄では、時に“ショータイム”と呼ばれるハプニングが発生することがままあります。

人種も宗教も異なる見知らぬ乗客同士が魅せた車内カラオケショー 『アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ』を大合唱
https://getnews.jp/archives/2171371[リンク]

“ショータイム”で披露されるパフォーマンスは歌だったり、ダンスだったりと様々ですが、たまに卓球が始まることもあるようです。


https://twitter.com/marykarrlit/status/1145105744225873920
この時の様子を撮影し、『Twitter』に投稿したのは詩人のメアリー・カーさん。ツイートに「#I❤️NYC」とあるように、車内卓球に対しても寛容な態度を示しています。

・いいじゃん、楽しそう
・地下鉄の中でラリーし続けるなんですごいテクニックだ
・このカップルのような若さと創造性が欲しいものだ

メアリーさんの他にも、上記のような肯定的な声がありますが、下記のような否定的な声が多いようです。

・超不愉快だな
・これは我慢ならないわ
・しょうもない
・このカップルはニューヨーカーじゃないわね
・イラつくわ
・“ショータイム”にも悪い事例はあるってこと
・虚栄心を満たすために他の乗客の迷惑を顧みないバカップル
・こういうことを容認しちゃうのは最もニューヨークっぽくないことよ
・これが個性だとか思ってるのかな

多種多様な人種・宗教・価値観が混在するアメリカ社会。寛容さが自分と異なるものに対する潤滑油なのですが、寛容なニューヨーカーでも、車内卓球に関してはダメ出しする人が多いようです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/marykarrlit/status/1145105744225873920

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき