ろう人形になりきってドッキリを仕掛ける『ストレンジャー・シングス』の出演者達

access_time create folderエンタメ

日本でもテレビCMを放映するなど、『Netflix』が力を入れているドラマ『ストレンジャー・シングス』シリーズ。7月4日のシーズン3配信開始前に、アメリカで人気のトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』で、シーズン3のキャストが登場するドッキリが放送されました。

Stranger Things Cast Surprises Fans at Madame Tussauds Wax Museum(YouTube)
https://youtu.be/2n8t1IgdlGY

ドッキリの舞台は、ニューヨークのろう人形館『マダム・タッソー』。ろう人形に扮したキャスト達が、何も知らずに『マダム・タッソー』を訪れたお客さんをびっくりさせるという内容のドッキリです。

ジミー・ファロンは、シーズン1のキャストであるバーブ(バーバラ)に変装。

ろう人形になりきったダスティン(ゲイテン・マタラッツォ)。

他のキャストも蝋人形になりきります。さすが人気ドラマの子役達。

子役魂で気配を完全に消しているのか、本物のキャストがそこにいるということに全く気付かないで、記念撮影をするお客さん。

画面の向こう側でしか見たことがない本物のキャスト達がいたことで、軽くパニック状態になっちゃいます。

シーズン3配信開始前のプロモーションなのは明らかですが、ひっかかった人達全員がハッピーになれるという、後味すっきりのドッキリですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=2n8t1IgdlGY

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧