ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

この夏に行きたい「女子ひとり旅」!フォトジェニックスポット9選

この夏に行きたい「女子ひとり旅」!フォトジェニックスポット9選

気軽に行けて、自分の時間を満喫できるひとり旅。旅先で出会った美しい光景をじっくり堪能し、カメラに収めるのにぴったりです。そこで今回は、奥入瀬渓流や大内宿など、旅好きな女性におすすめしたい、東日本のフォトジェニックなスポットを9カ所ご紹介します。
① 函館(北海道)
② 十和田湖・奥入瀬渓流(青森)
③ 大内宿・七日町・東山温泉(福島)
④ 金沢(石川)
⑤ 五箇山(富山)
⑥ 谷川岳(群馬)
⑦ あしかがフラワーパーク(栃木)
⑧ 日光(栃木)
⑨ 国営ひたち海浜公園(茨城)

①函館(北海道)

異国情緒あふれるハイカラな港町

江戸末期の1859年、横浜や長崎とともに国際貿易港として開港した函館は、欧米の文化を積極的に吸収し、元町を中心に発展を遂げてきました。現在でも、エキゾチックな街並みが残り、和洋折衷の町家や洋館をめぐる散策が楽しめます。

箱館戦争の舞台になった「五稜郭(ごりょうかく)」は、現在では緑あふれる公園に。公園内に建つ五稜郭タワーからは、星形の五稜郭が一望できます。
展望台からは、五稜郭全体と、函館市街も一望できます

展望台からは、五稜郭全体と、函館市街も一望できます

海に向かってまっすぐに延びる坂、「八幡坂」は美景スポットとして知られています。映画やドラマ、アニメなどのロケ地にも使用されている場所です。
坂の上から海と空を一望することができます

坂の上から海と空を一望することができます

さらに、世界三大夜景と称される「函館山」からの夜景も、ぜひ見ておきたいところです。
真黒な海と、宝石をちりばめたような街の明かりとのコントラストが印象的です

真黒な海と、宝石をちりばめたような街の明かりとのコントラストが印象的です

②十和田湖・奥入瀬渓流(青森)

湖と渓流が織り成す自然美を満喫

青森でとっておきの風景に出会いたいなら、おすすめは「十和田湖」と「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖は青森・秋田の両県にまたがる、代表的な二重式カルデラ湖。周囲約46km、最大水深約327mで、空から見ると、まるでクルミを割ったような形をしています。
十和田湖の湖畔は豊かな緑に囲まれていて、散歩にぴったり

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき