ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

[レッツゴー工場見学] マスコミ初公開の「JTたばこ工場」に潜入! 美しき工業機械たち

今回、初のメディア公開となる工場へ潜入してきました。
ターゲットは静岡県磐田市にある『日本たばこ産業株式会社(JT) 東海工場』。

このJT東海工場、正式には40年前となる1979年(昭和59年)9月に操業を開始していますが、前身となる工場の操業は明治時代。東京ドーム5個分の建屋で、およそ800名が働いています。

JT東海工場の主要製造銘柄は『ピース』『ホープ』『メビウス』、キセル専用の『小粋』、そして加熱式たばこ『プルーム・テック』シリーズです。

400年前の刻みたばこから最新の加熱式たばこ用カプセルまで、幅広く手掛けているというわけなのです。

想像している“工場”と色々違った

早速、工場内へ行ってみましょう……と、その前に、専用の帽子とウェアを身につけます。

入り口の吸引式のエアーマットで靴裏の汚れを取り、専用の掃除機で身を清めます。手洗いも徹底。

いざ入ってみると、想像していた“工場”のイメージよりもどことなく“オフィスっぽさ”があります。

大きな機械が動く音はするけれど、通路含め十分なスペースが確保されていることや、清潔感があるからかもしれません。
ただ、めちゃくちゃに広いですから、やっぱり非日常感は強いですけどね。

奥に進むにつれ、葉たばこの香ばしい匂いが強くなってきます。火をつける前のたばこの、あの香りです。

紙巻たばこのラインは技術の粋が集結

※本文中には『セブンスター』『メビウス』それぞれのラインの写真を使用しています

おなじみの紙巻たばこの場合、買い付けた葉たばこを加香、ブレンドされ刻まれたもの(刻み)を紙で巻き、カットされたものがパッケージングされていきます。

まず、長~~~いたばこが機械で作られ、2本分の長さにカットされます。その2本分が半分にカットされた間にフィルターとなる部分が接着されたのちに1本分のたばこへとカットされます。

その製造スピードは脅威。なんと1秒間に作られる紙巻たばこの長さは10m、本数にして2万本分に相当します。

長い歴史で培われたノウハウが蓄積された結果、紙巻たばこ製造ラインのスピードは100m走の世界記録と変わらない速さにまで進歩しました。

箱詰め箇所では製品チェックのため自動撮影が行われ、超高速で良品・不良品の選別が行われます。

数々の巨大な機械を経ながら、たばこ葉が巻かれ、カットされ、パッケージングされる様子には美しさすら感じます。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき