ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」が明日開業! プレオープンにお邪魔してみた

スカイツリーに併設されているショッピングモール『東京ソラマチ』。色んなメディアが注目している中、私、山田も気合で突撃してみたぞ。ソラマチのコンセプトとしては新しい下町をイメージされていて、施設も所々商店街を意識した作りになっている。テナント数はなんと312店舗! すごい数だけど、できる限りお店やソラマチ限定品を取材してみたのでご紹介していこうと思う。

まずは1Fの商店街エリアから。屋根がかなり高く、アーケードを連想させるような作りになっていて、間接照明が多く使われており日光がこぼれだしているかのような印象を受けた。気持ち良い気分でアーケードを歩いていると職人気質漂うお店を発見。

軒先にはおしゃれな看板が。お店の名前は『kissora』(キソラ)ここはなんとセミオーダーで自分にぴったりのカバンや皮製品を職人さんが丹精込めて作ってくれる。

ショップではレザーや金具の色を自由に選べ、店内に設けられた工房で商品を作ってもらえる。その間はもちろん買い物や、スカイツリーに行っていてもOKだ。

ここは若手職人さんが店長で、幼い頃から革に魅力を感じ好きが高じて職人さんになったそうで、今回のお店に賭ける意気込みは熱いものを感じた。是非会いに行って欲しい。

そして次に目をひかれたのはこのお店『みちくさ餅』である。ここはお店で突いたホカホカの餅をその場であぶったり、みたらしをかけてくりたり、和菓子好きにはたまらんお店。

試食でわらび餅をいただいた。こちらもお店で作っているということで、弾力があり、きな粉がものすごく香りが強く、夏らしい季節感あふれるわらび餅となっていた。値段も手ごろで全部100円台。

食べ歩きしやすいように作られているお餅ではあるけども、店内でお茶と一緒にゆっくりしながら食べることも可能だぞ。

次のお店は『BENCH MADE』こちらはなんと、オーダーメイドの靴をつくってくれるお店。名前にもなっているベンチメイドとは、1人の職人が制作を終始一貫して行う製法。好きな職人さんに、自分だけのオリジナル靴を作ってもらおう。

作業所は一般の人からも見れるように作られており、買い物するもよし、完成するまでみてるのもOKだ。

また、一時期話題になった、あのパンダシューズもあったりする。是非履いて記念撮影をさせてもらおう!

その他にもマツモトキヨシやパン屋さん、ラーメン店等、ほんとにここだけで生活に必要な物はだいたいそろう商店街となっていた。

続いて上の階に昇ることに。2F3Fは女性向けのファッションや雑貨のフロアになっていて飲食店も少し混ざっている。

どのお店もやはりスカイツリーの色が濃くなっていてお店の内装やモチーフがスカイツリーっぽくなっている。

このフロアは女性コーナが多く、男性でオシャレに無縁の私には歩きにくかったが、見慣れた名前が。ディズニーショップだ! 

お店に入って最初に気になるのが、入口から奥まで続いている『Pixy Dust Pass(ピクシーダストパス)』。これは『ティンカーベル』が魔法の粉をまきながら通り抜けていった道をイメージし、青い床面には魔法の粉を再現したキラキラ光るラメが施されていて、なんとも不思議な空間となっていた。

ディズニーショップも入っていてファンには必見のここでしか買えないソラマチ限定ぬいぐるみや、

東京をモチーフにした商品等、広いスペースにいっぱい置かれている。

1 2次のページ
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。