ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ビッグカツを欧風チーズカレーヌードルに入れて作るとジャンク感爆発で激ヤバ&激ウマ!! どうして僕たちは今まで気づかなかったのだろう

日清食品の『カップヌードル』といえばオリジナル味、シーフード味、カレー味の3種類が大定番ですが、隠れた人気味として『欧風チーズカレーヌードル』が販売されているのをご存知でしょうか。

『欧風チーズカレーヌードル』はその名の通りカレーヌードルにチーズがたっぷりと加えられたもので、非常にマイルドで濃厚な味わいにまとまっています。もちろんそのまま食べても美味しいのですが、今回はこちらにジャンクな要素を注入する激ウマアレンジをご紹介いたします。

ビッグカツ+欧風チーズカレーヌードルの『ビッグカツカレーヌードル』が激ウマ!

今回使用するのは駄菓子の『ビッグカツ』です。コンビニやスーパーマーケットなど、『欧風チーズカレーヌードル』を売っているお店のお菓子コーナーを覗けば高確率で購入することができるでしょう。価格も30円ですし、本当にちょい足し感覚で一緒に変える手軽さがポイントです。

『ビッグカツ』と『欧風チーズカレーヌードル』を合わせて作る、名付けて『ビッグカツカレーヌードル』。早速作り方を紹介していきます。

1. ビッグカツを一口サイズにカットする

まずは包丁やキッチンばさみなどを使って『ビッグカツ』を一口サイズにカットしていきます。だいたい5~6等分くらいですかね。

コンビニで買ってそのままアレンジしたい場合など、包丁やキッチンばさみを用意するのが難しいこともあるでしょう。そんなときは歯で豪快に噛みちぎりましょう。

2. 欧風チーズカレーヌードルの中にビッグカツを入れる

『ビッグカツ』をカットできたら『欧風チーズカレーヌードル』のフタを開け、ビッグカツを入れていきます。熱湯を注ぐ前に入れるのがポイントです。

3. 熱湯を注いで3分待つ

あとは熱湯を『ビッグカツ』の上から注ぎ、フタをして3分待ちます。熱湯の量は特に変えず、内側の線まで注げばOKです。

4. 完成! よくかき混ぜて食べる!

3分後にフタを開けたら完成!……なのですが、カレー味のカップ麺は粉末スープが溶けにくいので全体をしっかりとかき混ぜます。せっかく『ビッグカツ』が上に盛られて美しいのですが、一旦形を崩してしまいましょう。

全体をかき混ぜることでスープに『ビッグカツ』の脂分がプラスされ、だんだんとこってり濃厚になっていきます。

しかもスープに浸された『ビッグカツ』はいい感じに柔らかくなり、そのまま食べるよりも美味しく食べやすく進化。衣がはげ落ちてしまうこともありません。

よく混ぜたあとに最後に見た目を整えるといいですね。いやあ、最高にウマそうじゃないですか! これで『ビッグカツカレーヌードル』の完成です!

最強に濃厚&こってりなカレーラーメン。チーズカレーに包まれたビッグカツも絶品!

『ビッグカツカレーヌードル』は『ビッグカツ』がスープを吸収するので、通常通り『欧風チーズカレーヌードル』を作るよりもスープが濃厚化。ラーメンというよりもまぜそばに近いんじゃないかと思えるくらいの状態になります。

ゆえに麺にはいつもよりもたっぷりとカレースープが絡みつき、口に含んだ瞬間にジャンク感が爆発!「メチャクチャうまいけど体にも悪そうだなあ」という背徳感もたまりません。

さらにチーズカレースープをたっぷりと染み込んだ『ビッグカツ』も驚愕のウマさに進化。柔らかくて食べやすくなっているうえに、カレー風味が最高にマッチしています。

『ビッグカツ』の味付けにはカレーも使われているため、これが合わないわけがないんですよね。柔らかくなっているので麺との相性もパーフェクト。言うことなし。たったの30円でここまで美味しくアップデートできるなんて……!

揚げたてのトンカツではなく、駄菓子の『ビッグカツ』だからこそ実現できる究極アレンジ。ぜひ皆様もお試しください!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき