ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

手のひらサイズのアーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』にナムコのゲームが20種遊べる『ナムコミュージアム』が登場:東京おもちゃショー2019

6月13日から16日にかけて東京ビッグサイトで開催中の『東京おもちゃショー2019』。インフォレンズブースでは、手のひらサイズのレトロアーケード機として海外で展開する『MY ARCADE』の各種製品を出展。既に発売している『パックマン』『ギャラガ』『ディグダグ』『マッピー』『ギャラクシアン』に加えて、20種類のゲームが遊べる『レトロアーケードLL<ナムコミュージアム>』が出展されています。

『レトロアーケードLL<ナムコミュージアム>』は、『パックマン』『ギャラガ』『ディグダグ』『ゼビウス』など、ナムコの20種の名作レトロゲームを収録する、手のひらサイズのアーケード筐体型ゲーム機。4.25インチの縦型液晶ディスプレイ、ジョイスティック、4ボタン、クレジット、リセット、スタートの各ボタンを搭載します。

収録タイトルは下記のとおり。

・バトルシティー
・ディグダグ
・ディグダグII
・ドラゴンスピリット
・ギャラガ
・ギャラクシアン
・マッピー
・ハロー!パックマン
・パックマニア
・パックパニック
・フェリオス
・ローリングサンダー
・ローリングサンダー2
・ローリングサンダー3
・スカイキッド
・スプラッターハウス
・スプラッターハウス2
・ドルアーガの塔
・ゼビウス

『レトロアーケードLL<データイーストクラシック>』同様、ACアダプターのPSEマーク取得中の模様で、国内では2019年末の発売予定。価格は1万円を超える程度になりそうとのこと。

個別タイトルの『レトロアーケード』は横画面で、ファミコン版をエミュレートしているとのこと。縦画面の『レトロアーケードLL<ナムコミュージアム>』は、アーケード版をエミュレートしています。個別タイトルでも、今後『ミズ・パックマン』『ローリングサンダー』の発売が予定されています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき