ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロシア海軍元提督「戦争中じゃないんだから食後に日光浴したって問題ないさ」――米露軍艦同士の異常接近事件を受けて

大国同士の関係というのは、政治的には険悪な仲のようでも、前線の兵士たち同士は彼らなりの交流を通して友好関係を築いているものなのかもしれない。少なくともロシア海軍の兵士たちは米軍との関係を楽観視しているように見える。

6月7日の正午頃、東シナ海で米露の軍艦同士が衝突寸前まで異常接近する重大事件が発生した。両国は互いの操艦を非難し合っているが、米海軍が撮影したロシア艦の動画をよく見てみよう。後部ヘリ甲板をアップにしたところに注目。


https://twitter.com/HoansSolo/status/1136972431355187200

追記:ロシア水兵は船旅を楽しんでいるようですね。

そう、どう見ても乗組員数人が短パン一丁の姿でおくつろぎ中なのだ。1人はビーチチェアらしきものまで持ち出して完全にバカンス気取りだ。

たるみきっているようにも見えるこのロシア水兵の勤務態度だが、ロシア軍的には問題はなかったのだろうか? ロシア海軍の元提督、バレンティン・セリバノフ氏はロシアメディアに対し、聖書の一節をもじってこう答えている。

「戦いの時もあれば日光浴の時もある」

「艦は東シナ海の公海上を移動していた。船員と将校は南洋勤務中の昼休みを満喫していたのだ。日光浴をしているのが1人いたということは他にも何十人もいただろうね。日光浴をするのに裸になるのは当然だろう」と。ふむ、要するに戦時中じゃないから何も問題はないと。

何かと「おそロシア」な方面ばかり拾われがちなロシア関連ニュースだけど、軍隊に関しては、戦う意志のなさそうな、これぐらいユル~い方が安心できていいかもしれないね。

画像とソース引用:『Twitter』及び『sputniknews.com』より
https://sputniknews.com/asia/201906101075770078-us-cruiser-russian-destroyer-near-collision-naval-incident/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき