ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

上質な肉の味を楽しむ!ラグジュアリーな高級牛丼が登場


珠玉のラグジュアリー牛丼が、ザ・キャピトルホテル東急にて6月16日(日)より発売される。ロイヤルコペンハーゲンの器で提供される牛丼で至福のひとときを過ごそう。

ザ・キャピトルホテル東急3階のオールデイダイニング「ORIGAMI」にて販売されるのは、「キャピトル牛丼」5464円(税・サ料込)。


「キャピトル牛丼」に使われるのは、厳選された黒毛和牛。肉の旨味と脂身の濃厚な味が魅力のキメが細かくツヤのある霜降りリブロースで、大判2枚、約150gの迫力の見た目とは裏腹に、箸で切れるほど柔らかい繊細な味わいが特長だ。

具材は極力シンプルに肉と玉葱のみで作られる「キャピトル牛丼」には、試行錯誤を繰り返し開発されたこだわりの「ORIGAMI」特製割り下を使用。隠し味として古くから熊本県に伝わる赤酒を使った特製割り下は、上質な肉の味を最大限に引き立ててくれる。


また、淡路島産の新玉葱など時期に合わせて選ばれる玉葱は、やさしい甘さと食感がアクセント。付けあわせには自家製ピクルス、柚子果汁と刻んだ皮を加えることで爽やかに仕上げたコンソメスープが用意されている。コンディメントの温泉玉子・山葵・七味唐辛子・柚子胡椒で味の変化を楽しむこともできる。

提供時間は、ランチ11:00~14:30(L.O.)、ディナー18:00~21:30(L.O.)となっている。

究極に贅沢な牛丼を、自分へのご褒美として召し上がってみてはいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき