ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たまには母と娘で旅してみない?伊豆の温泉宿でおこもり旅

たまには母と娘で旅してみない?伊豆の温泉宿でおこもり旅

はじめまして、ライターの生湯葉シホです。普段、Webを中心にエッセイやコラムを書いているのですが、仕事場が家ということもあり、基本的にほぼ外に出ない生活を送っています。

たまに友人と行く旅行も、急にアクティブに動くと日常とのギャップで体がびっくりしてしまうので、旅をするならもっぱら宿から出ないおこもり派。今回は、1月に還暦を迎えたばかりの母のお祝いと自分の誕生日祝いを兼ね、母を連れて東伊豆に1泊2日のおこもり旅行に行ってきました。

東京駅

母娘の会話が弾む、スーパービュー踊り子号

スーパービュー踊り子号

スーパービュー踊り子号

母娘ふたりで旅行するのは人生で初めて。今年還暦を迎えた母は、半ば引きこもりの娘とは違い、ゴルフや遠出が大好きなタイプです。

2カ月ほど前、「ふたりで旅行行かない?」と実家に電話をかけたときは「あんたとふたりで? どうして? わざわざ?」と怪訝そうにしていた母でしたが、待ち合わせ場所の東京駅ではけっこう楽しそうに駅弁を選んでいて、ホッとしました。
美濃吉のお弁当

東京駅で大人気だった美濃吉のお弁当

目的の伊豆熱川駅までは、JR東京駅からスーパービュー踊り子号で約2時間。
駅弁をいただきつつ車窓からの景色を眺めて、のんびりと過ごします。
筆者の母

どのおかずから食べようか迷う母

「伊豆って初めてだよね?」と聞くと、「何言ってんの、あんたが3歳のころ、私たち住んでたのよ伊豆に」と母。私のぜんそくの療養のために1カ月ほど伊豆高原に滞在していたことがあるらしいのですが、まったく記憶がなくて驚きました。

「でもあのころは車で行ってたからね。列車だとゆっくりできていいわねえ」と母。その言葉通り、駅弁を食べ終えた母は列車の心地よい揺れの中で熟睡していました。

伊豆熱川駅

おこもり旅行の舞台「つるや吉祥亭」へ

伊豆熱川駅からの景色

伊豆熱川駅に到着。運よく空は快晴で、趣のある旅館やペンションが立ち並ぶ合間から、青々とした海が見えます。
つるや吉祥亭

1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき