ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Skullcandyがタッチセンサー搭載完全ワイヤレス『Indy』や定番『Ink’d+』シリーズなどイヤホン新製品5モデルと『Push』新色を6月28日に発売へ

Skullcandyは、イヤホン新製品として完全ワイヤレスの『Indy』、定番シリーズの後継『Ink’d+』シリーズ、エントリーモデルの後継『Jib+』シリーズの計5モデル、さらに完全ワイヤレス『Push』の新色を6月28日に発売することを発表しました。

『Indy』は、手ごろな価格ながら静電容量式のタッチセンサーを搭載、音楽の再生や音量調整、着信応答をタッチ操作できる完全ワイヤレスイヤホン。6mm径のドライバーを搭載し、解像感のあるサウンドが楽しめます。IP55の防じん・防水に対応。充電ケースとの併用で最長16時間の音楽再生が可能。10分間の充電で1.2時間駆動できる急速充電に対応します。希望小売価格は9980円(税別)。

定番のワイヤレスイヤホン『Ink’d Wireless』シリーズの新モデル『Ink’d+Wireless』は、しなやかで首にフィットするネックストラップが特徴。Pink、Pred、Black、Blue、Purpleの7色をラインアップします。10mm径ドライバーを搭載、ハウジングやイコライザーの改良によりクリアなサウンドが楽しめます。スマートフォンの音声アシスタントにも対応。10分間の充電で2時間駆動できる急速充電に対応します。希望小売価格は5540円(税別)。

『Ink’d+』は、2018年に25ドル以下の有線イヤホンで全米1位の売上を記録した定番『Ink’d』シリーズの新モデル。10mm径ドライバーを搭載、音質の改善とノイズアイソレーションにより、豊かな低域と自然なボーカルが楽しめます。Black、Red、Blue、Olive、Pink、Purple、Greenの7色をラインアップ。希望小売価格は1780円(税別)です。

『Jib+』は、ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル『Jib Wireless』の新製品。9mm径ドライバーを搭載、クリアなサウンドと力強いくっきりとしたボーカルが楽しめます。生活防水の機能と、取り外し可能なスポーツフィンが追加されました。Red、Blue、Blackの3色をラインアップ。希望小売価格は2760円(税別)です。

『Jib+ Active』は、ランニングやトレーニングなどアクティブなシーンで使える機能性を備えたモデル。耳殻にフィットしてズレや落下を防ぐ“Secure FitFin”を搭載。IPX4の防水に対応します。バッテリー持続時間は約8時間。サウンド面では、6mm径ドライバーがクリアで力強いサウンドを再生します。Red、Blue、Blackの3色をラインアップして、希望小売価格は3980円(税別)。

完全ワイヤレスイヤホン『Push』は、定番のPsycotropical Tealに加えてDark Gray、Indigoの2色を発売。希望小売価格は1万2900円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき