ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

大西順子、24年ぶりのライヴ盤『JUNKO ONISHI presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』発売

大西順子、24年ぶりのライヴ盤『JUNKO ONISHI presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』発売

大西順子が、実に24年ぶりとなるライヴ録音『JUNKO ONISHI presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』を7月24日に発売することが決定した。

併せて、NOVOLが手掛けたジャケット・デザインも公開された。

デトロイトの巨匠ロバート・ハーストとカリーム・リギンスを迎えた大西順子のプロジェクト「JATROIT(ジャトロイト)」。今年2月に開催されたブルーノート東京での公演が、パッケージ化決定。ジャズからヒップホップまで縦横無尽に活躍し、いまや世界屈指の人気ドラマーのカリーム、初共演が実現したロバートとの歴史的コラボレーション作品。

カリーム・リギンスは98年のアルバム『フラジャイル』への参加やライヴでの共演歴もある盟友。ロバート・ハーストは大西にとって憧れの存在であり、互いに存在を長らく意識しながらも、今回初めて共演が実現したという点にも注目。プロジェクト名の「JATROIT(ジャトロイト)」は、JAPANとDETROITを掛け合わせた造語で、カリームが命名したもの。

今回の特別なトリオの為のトラックリストは、大西のダイナミックな演奏が存分に活かされたライヴならではのピアノはもちろん、それを支えるのみにはとどまらない、ベース&ドラムによる想像を超えるリズムと技巧を存分に体感できる選曲となっている。特にトラック②④⑥は、これまでの大西の作品内では管楽器入りの大編成でしか収録れたことがなかったが、このたび初めてトリオ編成で収録。また、③は昨年リリースのセクステット作に参加し大西がその作曲センスを絶賛したトランペッター広瀬未来が本プロジェクトの為に特別に書き下ろし。そんな豪華さのなかに佇む⑤のバラードには神々しさも漂います。カリームのリズミカルでリリカルなオリジナルをオープニングとクロージングに配置し、聴く者をライヴの空間へと誘う。

ジャケットおよびパッケージのデザインは、数多くのミュージシャンやフェスティヴァル・イベントとのコラボレーションで活躍中のペインターNOVOLが担当。ライヴ・ペインティングさながらの、ステージ上の迫力ある丁々発止を投影したデザインに仕上がっている。

大西順子の作品はOTOTOYからも配信中。この機会に是非チェックを。(岡)

リリース情報
『JUNKO ONISHI presents JATROIT Live at BLUE NOTE TOKYO』
2019年7月24日(水)発売
〇メンバー : 大西順子(ピアノ)
ロバート・ハースト(ベース)
カリーム・リギンス(ドラムス)

○収録曲:全7曲
1. Harpsichord Session -Opening- [作曲:カリーム・リギンス]
2. Meditation (For A Pair Of Wire Cutters) [作曲:チャールズ・ミンガス]
3. Morning Haze [作曲:広瀬未来]
4. The Threepenny Opera [作曲:大西順子]
5. Very Special [作曲:大西順子]
6. GL/JM [作曲:菊地成孔]
7. Harpsichord Session -Closing- [作曲:カリーム・リギンス]

〇規格番号 : SCOL-1034(POS 4988044047464)
〇CD予価 : 税抜2,778円(税込3,000円)
〇発売予定日 : [CD] 2019年7月24日 / [LP] 2019年秋

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき