ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「もうこの人とは無理」から夫婦愛が復活する心理カウンセラーのアドバイス

「もうこの人とは無理」から夫婦愛が復活する心理カウンセラーのアドバイス

大好きな人と結婚したはずなのに、うまくいかない。なぜ、夫(または妻)は、自分の嫌がることばかりするのだろう。なぜお互いを理解し合えないんだろう。

そして、こう思うのです。

「もう夫婦としてやっていけないかもしれない……」

まるで解けない知恵の輪のように、負のループから抜け出せず、辛い日々。そんな毎日をおくる夫婦が苦しみの末に生み出した、夫婦円満の秘訣がありました。最初から夫婦円満なんて超~奇跡!育った環境も価値観も違う二人が一緒に暮らすのだから、ぶつかり合うのは当たり前です。でも、少しだけ見方を変えたら、相手のことがちょっと理解できて、一緒にいることが楽しいと思えるかもしれません。

■世の中に存在する「飛ぶ族」「飛ばね族」あなたはどっち?

『夫婦神話を捨てたら幸せになっちゃいました』(WAVE出版刊)は、心理カウンセラーの心屋仁之助さんが実体験をもとに、長年心から大量の血を流し、もがき、ドロドロの葛藤を経て、驚くほど仲良しになった夫婦の物語を描いています。

心屋さんは、夫婦関係で悩み続け、何年も研究してきた結果、ある衝撃の事実を発見しました。それは、世の中には意識がよく飛ぶ「飛ぶ族」と、意識が飛ばない「飛ばね族」がいるという発見。

「飛ぶ族」というのは、日常生活で頭の中が真っ白になったり、気づいたら意識がどこかに飛んでいってしまったりする人たち。だからよくボーッとしているし、時間どおりに物事を進められず、しょっちゅう遅刻もします。ただし、どんなにミスをしても、なぜか周囲に愛される魅力もあります。心屋さんの奥さんはまさに「飛ぶ族」の人。何か1点に集中する天才タイプだったのです。

一方の「飛ばね族」は、同時に複数のことをこなせる秀才タイプ。そんなに努力しなくても、なんでも器用にこなせます。頑張らなくても意識は飛ばない。社会のルールや常識の中で生きてきて、全体の空気が読める。この「飛ばね族」が心屋さんでした。

心屋さんは、この新しい心理カウンセリング理論「飛ぶ族・飛ばね族」の発見で、奥さんのことが理解できるようになり、自分自身がラクに生きられるようになったといいます。

相手の言動が理解できなかったのは、自分と違う生き物だったから。そう考えたら、なんだか相手のことが愛おしく、かわいらしく見えてきませんか?

本書では、「飛ぶ族・飛ばね族」以外にも、夫婦喧嘩の様子をリアルに描きながら、夫婦が仲良くなった秘訣や、夫婦で楽しく豊かになる方法を伝えています。時には笑ってしまうような会話や呆れてしまうようなエピソードも。

どんな夫婦にも正解はありません。相手の個性も相手との価値観も違いも認めたら、もっと人生が面白くなるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「ブラック企業依存」に陥りやすい人に共通する特徴とは?

知らぬ間に妻に軽蔑される、「女性の言葉」を理解できない男たち

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき