ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テクテクテクテク公式「サービス終了まで残り一週間になりました」 ツイートに惜別の声

「一生歩けるRPG」というキャッチフレーズで、昨年11月29日に配信開始となったスマホアプリ「テクテクテクテク」。
「Ingress」「ポケモンGO」といったような位置情報ゲームで、新たな可能性を感じさせるゲームシステムにハマるユーザーが続出。しかし、その面白さとゲームでの収益が結びつかず、残念ながら6月17日でサービス終了となることが発表された。
自身のラジオ番組で、しばしばこのゲームについて熱く語っていたタレントの伊集院光さんをはじめ、おぎやはぎの矢作兼さん、そして現在時の人となっている南海キャンディーズの山里亮太さんなど、ゲーム終了を嘆く声が著名人からも多数あがっていたようである。

関連記事:
「テクテクテクテク」終了に伊集院光さんは「持たなかったかあ。残念無念」 麻野ディレクター「仕切りなおして、復活する所存です」
https://getnews.jp/archives/2132841[リンク]

南キャン・山里亮太さんやおぎやはぎ・矢作兼さんもラジオで「テクテクテクテク」終了を嘆く
https://getnews.jp/archives/2133781[リンク]

6月10日、テクテクテクテクの『Twitter』公式アカウントは

テクテクテクテク運営事務局です。
サービス終了まで残り一週間になりました。
残り僅かの時間ですが、最後までお楽しみください。

とツイートを行った。これに対し、

「寂しい…」
「残念…」
「短い間でしたが、楽しませていただきました。ありがとうございました」

といったような、サービス終了を惜しむ声と、これまでの感謝の返信が寄せられていた。
また、

「また ゲーム作ってください。 楽しみにしています」
「復活期待してます」

といったような声も。
実際、サービス終了のアナウンス時に麻野一哉ディレクターが「仕切りなおして、復活する所存です」とツイートしていた。個人的にも結構ハマったゲームであるので、いい形での復活を期待したいところである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき