ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

山寺宏一の新「フレンド・ライク・ミー」生披露に中村倫也もノリノリ! 映画『アラジン』スペシャルイベント

実写映画『アラジン』の日本公開前日6月6日に、日本語プレミアム吹替版を担当したキャスト、中村倫也さん、木下晴香さん、声優・山寺宏一さん、北村一輝さんが登場したスペシャルライブ付き上映イベントが実施されました。

キャストが名曲を生歌唱!

ジーニーの声を担当した山寺さんが、この日、実写版の“新しい”「フレンド・ライク・ミー」を初披露! 

ダンサーと共に現れた山寺さんが、多彩な表現力で歌唱し、アラジン役の中村さんと劇中同様に掛け合う場面も! 

そして、中村さん、木下さん、北村さんがノリノリで盛り上げました。

ジーニーの陽気な歌声の後は、中村さんと木下さんでアラジンとジャスミンの名曲「ホール・ニュー・ワールド」をしっとりと歌い上げました。

豪華すぎるスペシャルライブが終わると、改めてキャストを紹介。一番最初に声をかけられた山寺さんは、「私、蒼井優ちゃんと電撃婚したほうじゃない方の山ちゃんでーす!」とユーモアたっぷりに挨拶。

新たな「フレンド・ライク・ミー」初披露の感想を尋ねられ、「27年間歌い続けてきた『フレンド・ライク・ミー』、今回違うバージョンなんですよ。ということで、思い切りトチってしまいました、すみません! とても緊張していました」と告白。曲中に掛け合いをした中村さんは「僕もノリノリだったのでトチったのは気づかなかった」と驚き、「こんな贅沢な機会はそうないと思うので、すごい楽しかったです。今回、アラジンのキャストに決まって一番の楽しみは、やっぱり山寺さんと声の掛け合いが出来ることだったんです。ありがとうございました」と伝えました。

一方、中村さんが「ホール・ニュー・ワールド」をイベントで生披露するのは3回め。「すごく力があって有名な曲ですが、だからこそシンプルにアラジンの気持ちを表したり、ジャスミンの周りに見えない檻があったとして、そこから一歩出してあげるような曲だと思っています。誘って楽しいことを教えながら最後は一緒にうっとりしたり、そういう機微を1曲の中で作れたらいいなと思って歌ってきました」と語りました。

そして、ジャファー役の北村さんの自分も歌っていたかのような「いや~、本当に歌は緊張しますね」のコメントに「歌ってねえよ!」と山寺さんからツッコミが入り、会場からは笑いが。「(3人と)同じ気持ちでずっと袖で歌っていた」と語る北村さんに、「一番発声練習をしていた」と他キャストが暴露しました。

ツッコまれてもなお、「本当に歌は緊張しました。最高でした、ありがとう!」と晴れやかな笑顔を見せる北村さんに、観客からも拍手が贈られました。

山寺宏一、ジーニーは「本当に大切な役」

本作でのジーニーの魅力を、「今回実写になったことによって、より、キャラクターが深く描かれていると言いますか、魔人なんですけど、人間味の溢れる感じに描かれていて。だからこそ、アラジンとの絆が芽生えるところがよりリアルに感じられた。その素晴らしい演技をしているウィル・スミスさんに寄り添うように吹替えをさせていただいたつもりですので、楽しんでいただけたら本当に嬉しいです」と語った山寺さん。「本当に大切な役なので、この役が来なかったら声優を辞めようと思うくらい、そのくらいの思いがありました。嬉しいです」と、ジーニーに対する思い入れも述べました。

木下さんはジャスミンについて、「実写版はより現代に響くメッセージ性の強い女性として描かれていたと思います。女性として誇りを持って自立していて、自分の足で進んでいこうとする力強さ、そして併せ持つ心の優しさという魅力たっぷりの女性だなと私も思ったので、1つ1つの表情や繊細な部分まで声で表現出来るように努めさせていただきました」と、語りました。

悪役であるジャファーの吹替えを担当した北村さんは、「ディズニー・アニメーションのジャファーのイメージが頭にあったのですが、今回は少し若くなっていたり、過去が見えたりする分、その人間性という部分はすごく出ていると思います。それと、ずっと2番めであることにこだわっているところが、また少し面白いなと思っています。2番で良いじゃないかと思うんですよ。でも欲を出して1番を目指すから失敗をするんだということを教えているような気もして。そういう部分でもちょっと新しい見方も出来たりすると思いますし、ジャファーだけでなく人間的な部分も見えていて、すごく心に感じやすい映画になっていると思います」とまとめました。

中村倫也「字幕版を観たら吹替版を観たくなるぞ!」

最後にメッセージを求められた中村さんが、「僕が小学校低学年だった頃に、ディズニー・アニメーションの『アラジン』を観まして、すごく心踊らせた記憶があります。そして、今年33歳になるんですけど、仕事で役として『アラジン』に関わって改めて実写化されたものを観ても、純粋さ、無垢さというものにハッとさせられる瞬間もありますし、描かれているテーマは、あの頃言葉に出来ていないけれど感じていたものが今この歳になっても大事なものだなと改めて思いました」と語ります。

そして、「ロマンスや魔法、悪との戦い、そういう要素がやっぱり映画館で観ることが、一番この作品を楽しめるのかな、と思います。なので、もう吹替版を観てくれなんてことは言いません。字幕版でも結構です。ぜひ、どうか映画館で観ていただきたいですし、もし、字幕版を先に観たら吹替版も観たくなるぞ、ということをここに強く言っておきたいと思います(笑)」と劇場での鑑賞を勧めました。

さらに、フォトセッション後には「サントラCD買ってください!」とマイク無しの地声でアピール。お客さんから「買ったよ~!」と声がかけられる場面もありました。

映画『アラジン』は本日2019年6月7日(金)全国公開!
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき