ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『キャプテン・マーベル』CGアーティスト・多田学さんにいろいろ聞いてみました

2019年5月、デジタルハリウッド大学(DHU)にて日本人CGアーティストの多田学さんによるCGメイキングセミナーが開催されました。

また、セミナーでは多くは語られなかった、映画『キャプテン・マーベル』制作に関しても追加でインタビューを行いましたのでご覧ください。

海外で活躍する日本人CGアーティスト

多田さんの得意とする分野はコンピューターグラフィックにおける特殊効果(ビジュアルエフェクト・VFX)やライティング。

VFXシニアディレクターとして多田さんがこれまで関わってきた作品は『キングコング』『アバター』『猿の惑星 3部作』『ホビット』など多岐に渡ります。

多田 学(ただ がく)プロフィール
テクニカルディレクター。広島出身、大学卒業後1997年よりLAのデジタルドメインに就職、FXやライティングアーティストとしてアイロボットやスタートレックなどの大作に従事し、2004年よりニュージーランドのWETAへ転職、ライティングをメインにキングコング、アバター、猿の惑星3部作、ホビット、モータルエンジンなどの作品に参加。2018年よりカナダILMにてキャプテンマーベルなどを制作。現在フリーとして制作活動、学生の作品制作のサポートをしている

http://www.gakutada.com/ [リンク]

セミナーテーマは『クリエイティブな仕事で世界とつながる事』。DHUの学生向けに行われたこのセミナーには多くの“クリエイター候補”が詰めかけ、会場はまたたく間に席が埋まりました。

ご自身もデジタルハリウッドの2期生だったという多田さん、海外での仕事遍歴を交えながら、映像制作の現場について講義を行います。

多田さんの関わった作品群が収められたショーリールには、観たことがあるような作品ばかり。
どれも有名な作品ばかりなのですが、筆者が特に驚いたのはディズニー作品のオープニングに使われる“シンデレラ城の花火”!

このシーンは4~5人のチームで作られたものなのだそうですが、多田さん自身も「こんなに使われるとは思わなかった」そう。

他にも、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の『サノス』が動くシーンなど、ビックリするような作品場面が数多く登場しました。

そうした実際の作品を交えつつ、数か月スパンのプロジェクトを並行して走らせた体験談などに対し、聞き入る学生たちの表情も真剣そのもの。

またCGアーティストを生業として考えた場合、世界の都市別にはロンドンやLA、サンフランシスコなどにスタジオ数やクリエイター人口が高いようです。しかしゲームスタジオとして着目した場合、サンフランシスコやLA、パリに次いで日本にスタジオが多いことなど、世界的な需要の観点についても多田さんは言及。

技術的には、ディープランニングによる最新のフォトリアルでリアルタイムな表現についても「衝撃的」と紹介しました。そうした進化したテクニックと自分がどう関わるか、というプロセスを学ぶことも大事であるとしつつも、個人のアートスキルの重要性、そして最終的に「熱量の高い作品づくり」が必要であることを述べました。
自分の好きなジャンルがあったらそこに力を注ぎ、「好きなものを見つける」「自己表現ができる作品を作る」べきだと結びました。

『キャプテン・マーベル』の制作現場について聞いてみる

セミナー終了後、改めて映画『キャプテン・マーベル』についても多田さんに聞いてみました。

―本日はおつかれさまでした。『キャプテン・マーベル』は劇場で2回観たんですが、ただただ光が印象的でした

多田学さん(以下 多田):そうですね、僕もそうでした(笑)。

―『キャプテン・マーベル』でもライティングのご担当ですか

多田:ライティングって言うショットの色付けをする部署なんです。
実写合成のショットとフルCGのショットもありますけど、『キャプテン・マーベル』のケースはエフェクトが大きい仕事だったので、エフェクトデパートメントですね。“パワーの光”って言うんですかね、エフェクトとして作ったものをもらってですね、それを光のソース(もと)にしてライティングしたケースが多かったです。
そのエフェクトと実際のモデルにあたる、―パイプラインっていいますけれども―それを芯にもってきてリアルに見せるという、そういう仕事です。

―MCUの作品ってどれも素晴らしい作品ばかりなんですけど『キャプテン・マーベル』の場合、先ほど多田さんがおっしゃってた「自分から発するパワーの光」とかの表現も、ものすごく印象的です。
あの発光で「わ! 来た! 彼女が来た!」ってアガるところでした

多田:絵的にかなり明るく、ディスコみたいな感じになってたんで、作っているときは「これでいいのか……?」って(笑)。画的にまぶしい、っていう。

―あの光が彼女の象徴ともなっていました

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき