洗濯可能ウェットパッド&専用洗剤対応に! 床拭きロボット『ブラーバ』新機種が登場

access_time create folder生活・趣味

アイロボットジャパンから床拭きロボット『ブラーバ』の新機種『ブラーバ ジェット250』『ブラーバ390j』を2019年6月7日に発売されます。公式通販サイトでの価格は、『ブラーバ ジェット250』が29880円(税抜)、『ブラーバ390j』が39880円(税抜)。

2014年から投入している『ブラーバ』シリーズは、フローリング・タイルを水拭きやから拭きを選択でき、自動的に掃除してくれるロボット。今回投入される新機種は、どちらも専用の床用洗剤が使えるようになったのがポイントです。

『ブラーバ ジェット250』は、油脂汚れや食べこぼしの汚れなどを落とすことができる「ウェットモード」と、同じ場所を2度拭きする「ダンプモード」、から拭きをする「ドライモード」を選択可能。パッドをセットするだけで、自動的に清掃モードが認識されます。また、各モードで使う使い捨てのパッドだけでなく、洗濯可能なウェットパッドが1枚付属しています。

最大稼働面積は、「ダンプモード」「ドライモード」で15畳。「ウェットモード」で12畳。

『ブラーバ390j』は、「ウェットモード」で20畳、「ドライモード」で56畳まで稼働できるのでより広いリビング向き。NorthStarキューブにより、正確な位置情報を把握し、掃除する箇所を自動的に判断してくれます。

こちらはクリーニングパッド2種類と、ドライクロス、ウェットクロス、交換用導水キャップ、急速充電スタンドなどが付属しています。市販の使い捨て掃除シートも使用可能ですが、環境が気になる人は専用パッドを使う方がいいでしょう。

新機種2種には、床用洗剤が2種類入っていますが、2019年夏には473mlのボトルが追加で発売予定。アイロボットによると、弱酸性で「爽やかな香り」とのこと。ボトルは16回分想定で、価格は880円(税込)。なお、既存機種同様に水のみの使用も可能です。

アイロボットの既婚女性800名を対象にしたネット調査では、「面倒に感じる家事」として約85%が「ぞうきんがけ」と答えています。床のフローリングで生活している人が増えているだけに、『ブラーバ』でラクをするというのはアリなのではないでしょうか。

床拭きロボット『ブラーバ』(アイロボット公式サイト)
http://irobot-jp.com/braava/ [リンク]

access_time create folder生活・趣味

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧