「こんにちは、香港ダンボです」 カップケーキにポップコーンバケットまでパークのかわいいダンボまとめ

access_time create folder生活・趣味

日本から上海ディズニーの次に近い香港ディズニーランド・リゾートに、実写映画の誕生を祝してかわいいダンボ関連のメニューが登場しました。6月には終わってしまうそうですが、現地取材レポートをお届けします!

まずはカップケーキを。グリル、和食、広東料理、グローバルフードの4種類の各国メニューが揃うロイヤル・バンケットホールには、「ダンボのバニラ・バナナ・チョコレートケーキ」が新登場。限定春メニューです。お味は想像のはるか上をいく甘味でしたが、見事な造型のダンボ感は100点満点。ダンボを愛してやまない方は、購入する以外の選択肢はないね!

そしてパーク内のワゴンでは、同じく季節限定の「ケイシー・ジュニア・ポップコーンバケット」と「ダンボ・シッパー」が登場しています。価格は、288香港ドル。蒸気機関車ケイシー・ジュニアの貨物には、ドリンクボトルの「ダンボ・シッパー」を載せることも可能で、豪華なアイテム。

せっかくなので、「空飛ぶダンボ」のアトラクションを見学に。空飛ぶダンボに乗りながらレバーを上下に動かすことで、空高く舞い上がったり、下がったりと自由自在。クラシックなアトラクションながら楽しいです。

https://www.hongkongdisneyland.com/ja/attractions/dumbo-the-flying-elephant/

最初の「空飛ぶダンボ」のアトラクションは、1955年8月カリフォルニアのディズニーランド・パークでオープンしました。クラシックディズニーアニメーションのピンクの象をコンセプトにしたもので、パレードにも登場する人気者。後にサーカスのコスチュームを着た、空飛ぶダンボへとデザインが一新。つい最近も本家ではリニューアル工事をしていましたよ。

近くにはフォトロケーションもあります。キッズたちに大人気でした。
実写版は「ディズニーデラックス」に入ったら観ようかな。楽しみです!

ちなみに「空飛ぶダンボ」のアトラクションの奥地では、ファンタジーランドの拡張工事がスタート済み。何ができるのか、もうお分かりですね!

嗚呼!

As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney
取材協力:香港ディズニーランド・リゾート

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧