ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

プレーリードックとシマリスのお婿さんを迎えたい! 福井・⾜⽻⼭公園遊園地がクラウドファンディング実施中

福井県福井市の⾜⽻⼭公園遊園地がプレーリードッグとシマリスの飼育数を増やす目的でクラウドファンディングを『ふるさとチョイス』で2019年7月26日まで実施しています。目標額は100万円。

開園から39年が経ち、飼育している動物の高齢化による死亡が増えているという⾜⽻⼭公園遊園地。プレーリードッグは2歳のレイナと10歳のミナのメス二匹、シマリスは2歳のメスちょろの一匹のみとなっており、飼育数の維持と繁殖が課題となっています。また、頭数が少ないため、常に見張りをして警戒していたり、昼でも巣箱の中で寝ており来園者に姿を見せないのが現状とのこと。

そこで、オスの「お婿さん」を迎えて頭数を増やして繁殖につなげていきたい、というのが今回のクラウドファンディングの趣旨。とりわけプレーリードッグは2~3歳が繁殖適齢期ということもあり、相性を見ながら2020年春の繁殖を目指すとしています。寄付金はプレーリードッグとシマリスを迎えるのに使われ、目標金額以上が集まった際には、ヒーターやケージなどの備品の購入費に充てられます。

コースは、動物との写真撮影権(10000円)、エサやり体験ツアー(15000円)、飼育の裏側が見れるツアー(30000円)、一日飼育員体験(50000円)が用意されているほか、福井県産の米いちほまれや地酒アソートなどの福井市のふるさと納税の返礼品がナインナップ。動物好きで、ふるさと納税での節税を検討しているという人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

足羽山公園遊園地のプレーリードッグ・シマリスにお婿さんを迎えたい!(ふるさとチョイス)
https://www.furusato-tax.jp/gcf/546 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき