ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

CMで初代ゴジラスーツアクターをトリビュート! 『ゴジラボスジャン』が本気すぎる

毎回変化球のコラボキャンペーンを実施しているサントリー食品『BOSS』のスカジャン『ボスジャン』ですが、今度は2019年5月31日公開の映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と合わせて『ゴジラボスジャン』を発表。東宝ゴジラ制作陣が監修しているというだけでなく、CMでも「ゴジラ俳優」の中島春雄(1929-2017)をトリビュートしていて、本気度が窺えます。

BOSS|ゴジラ『顔の映らない主役』篇 65秒 サントリーCM
https://www.youtube.com/watch?v=WCxeP2HLrcg [リンク]

1954年の初代『ゴジラ』のスーツアクターに起用された中島。海軍予科練出身で、150kgで倒れた際に自力で立ち上がれない重量のスーツのテストで10m歩くことができる強靭なフィジカルと、重量感のある演技がその後の特撮に多大な影響を与えています。

そんな彼を「顔の映らない主役」としてフォーカスしたCMは、初代『ゴジラ』を撮影した東宝スタジオで、当時のスーツやセット、撮影技法を再現。特撮映画の先人へのリスペクトを感じさせる出来栄えに注目したいところです。

『ゴジラボスジャン』は、背面にゴジラの背びれが屹立。生地も初代のゴジラスーツを皮膚を撮影してプリントされており、ゴジラの雄叫び音声を放つこともできるようになっているとのこと。2019年6月30日までのキャンペーン期間中に当選するのは1名のみというのも頷けるプレミア感です。応募は『Twitter』もしくはサイトより。

「東宝監修!『ゴジラボスジャン』当たる!」キャンペーン(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/boss_godzilla/cp/ [リンク]

TM & (c) TOHO CO.,LTD.

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき