ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小さなミスがきっかけで起こった大きな事件(歴ログ -世界史専門ブログ-)

小さなミスがきっかけで起こった大きな事件

今回はtamam010yuheiさんのブログ『歴ログ -世界史専門ブログ-』からご寄稿いただきました。

小さなミスがきっかけで起こった大きな事件(歴ログ -世界史専門ブログ-)

ちょっとしたミスで起こった大騒ぎ

ミスは世の中に溢れています。

注意散漫でボケーとしている時に起こりやすいですが、注意していれば防げるというものではなく、集中していても起こるときは起こるものです。

電車に乗り間違えた、とかシャツを表裏逆に着ていた、とかいうレベルであればいいですが、例えば発注個数の桁数を間違えたとか、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだとか、目も当てられない災害を起こすミスもあります。

そして歴史上はそんなミスでとんでもない大騒ぎが起こったこともありました。

 

1. コンマの打ち間違いで100万ドルの税収を失う(アメリカ)

100万ドルの税収を失う

誤って関税撤廃が果物にも適応される

1872年6月6日、アメリカ政府は関税法を改訂し、国内の栽培を目的とすること限定で、熱帯と亜熱帯の果物植物の輸入関税を撤廃しました。

担当者は発令文書で、

「耕作栽培の目的で、熱帯、亜熱帯の果実植物(“fruit-plants, tropical and semi-tropical for the purpose of propagation or cultivation.”)」

の輸入についての関税を撤廃すると文書に起こすところ、ハイフンとコンマを打ち間違え、

「耕作栽培の目的で、熱帯植物、亜熱帯の果物(“fruit, plants tropical and semi-tropical for the purpose of propagation or cultivation.”)」

と書いてしまいました。

この間違いを目ざとく見つけたアメリカの果物輸入業者は、この発令文書を根拠にして、熱帯と亜熱帯産の果物は全て関税の撤廃の対象となると主張しました。

後に政府はコンマを修正した修正版の文書を発令しますが、修正版が適応されるまでの期間にこのコンマを打ち間違えた発令は効力を発揮し続け、アメリカ政府は100万ドルの税収を失ったのでした。

 

2. Sのタイプミスで関係ない会社が倒産(イギリス)

タイプミスで関係ない会社が倒産

Photo from “The £8.8m typo: how one mistake killed a family business”
https://www.theguardian.com/law/shortcuts/2015/jan/28/typo-how-one-mistake-killed-a-family-business-taylor-and-sons

タイプミスで会社が倒産

2009年2月、イギリス政府の委託を受けて企業の経営状態をレポートするカンパニー・ハウスは、125年の歴史を持つウェールズのエンジニアリング会社「タイラー&ソンズ(Taylor&Sons Ltd)」が経営破たんした、とレポートしました。

レポートが公開されると、タイラー&ソンズの株は売られ大暴落し、驚いた取引先は事実関係を確認しようとオーナーに電話するもつながらず。実はオーナーはモルディブでバカンス中だったのですが、雲隠れしたと勘違いされ同社からの資金の回収に拍車がかかりました。

実は本当に倒産したのは「タイラー&ソン(Taylor&Son Ltd)」という全く別の会社。カンパニー・ハウスの担当者が「S」のタイプミスをしてそのまま公表してしまっており、3日後に誤りに気付いて修正のリリースをだしたものの、時すでに遅し。全く関係のないタイラー&ソンズは本当に倒産してしまい、250人の従業員は失職してしまいました。

 

3. 通貨に刻む自国名をスペルミス(チリ)

通貨に刻む自国名をスペルミス

国名の間違いに1年半以上気づかなかったチリの人々

2008年に南米のチリで新たに発行された新50ペソ硬貨は、国名のスペルが間違っていました。

本当は「C-H-I-L-E」と書かなくてはいけないところを、「C-H-I-I-E」と書かれていたのです。(上記写真の右側)

何とこのスペルミスが「発見」されたのは2009年の後半で、政府は急いで間違ったスペルのコインを回収し、修正版を配布しました。

これだけでも相当な費用がかかったでしょうね。

ところが人々はレアコイン市場で高値で売れると踏んで手元から話したがらず、かなりの数の「スペルミス硬貨」がまだ残っていると考えられます。

 

4. 月面着陸のビデオテープを上書き(アメリカ)

月面着陸のビデオテープを上書き

貴重なテープを上書き利用してしまったNASA担当者

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき