ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【EDC Japan 2019】アフターパーティーでスクリレックス/ディプロらがプレイ

【EDC Japan 2019】アフターパーティーでスクリレックス/ディプロらがプレイ

 2019年5月11日と12日に、東京・六本木SEL OCTAGON TOKYOで【EDC Japan 2019 OFFICIAL AFTER PARTY】が開催された。

 今回で3回目の開催となる【EDC Japan】の各日終了後に、都内各地でアフターパーティーが行なわれたが、SEL OCTAGON TOKYOには11日にスクリレックス、RL GRIME、Whethan、12日にディプロが登場し、両日ともに本祭さながらの大きな盛り上がりをみせた。初日の<cosmicBEACH>で圧巻のパフォーマンスをみせたスクリレックスとRL GRIME、そして2日目に出演したWhethanの3組が出演した11日は、オープン前から会場前に長蛇の列ができ、早々に入場規制がかかるほどの大混雑。この日、超満員のフロアではSEL OCTAGON TOKYOのレジデントDJであるKSUKE、DJ MARTIN、SONEらのレジデントDJに加え、若手DJのAXYSが登場し、早くもフロアを熱気の渦に巻いた。

 シーン期待の若手Whethanは幅広いサウンドでフロアを盛り上げると、その後には“キング・オブ・トラップ”の異名を持つRL GRIMEが「Era」や「Core」といった自身の楽曲をはじめ、数多くのトラップのアンセムを淡々と繰り出しオーディエンスを圧倒。そして、スクリレックスは序盤からディプロとのユニットJack Uの「Jungle Bae」や「Chicken Soup」、「AGEN WIDA」、「Would You Ever」といったヒット曲とともにブースに乗り上げオーディエンスを煽動。フロアをスクリレックスワールドへと導いていく。さらには、Boys NoizeとのユニットDog Bloodや様々なリミックスなど、自身が手掛けた楽曲でその世界観はさらに深まり、超満員のオーディエンスが一体に。しかも、一度は「どうもありがとうございました!」と日本語でコメントし、終了かと思わせつつもプレイは延長。「Bangarang」や「Summit」、「KYOTO」などのアンセムとともに、宇多田ヒカルとの話題の新曲「Face My Fears」を披露し最後までオーディエンスを魅了した。

 そして12日には、メジャー・レイザーとして<cosmicBEACH>の大トリを飾ったディプロが【EDC Japan】終了後にすぐさま駆けつけた。SIA、ラビリンスとのユニットLSDの「Audio」を皮切りに、SEL OCTAGON TOKYOが誇る世界最高峰のサウンドシステムのもとあらゆるジャンルを行き来する縦横無尽のプレイでフロアを牽引。本祭のメジャー・レイザーのステージとは異なる、ハウスが多用された貴重なセットにオーディエンスの熱気も絶えず上昇するなか、新曲「Give Dem」や「Be Right There」、さらにはメジャー・レイザーやマーク・ロンソンとのユニット、シルク・シティのリミックスなどで本祭さながらの熱狂を生み出した。

関連記事リンク(外部サイト)

<ライヴレポート>【EDC JAPAN 2019】1日目、フューチャー初来日/スクリレックス 宇多田コラボ曲披露
<ライヴレポート>【EDC JAPAN 2019】2日目、メジャー・レイザー/AK-69/ティエストら登場
スクリレックスが語る、宇多田ヒカルとの出会い&『キングダム・ハーツ』への思い「公開された時は夢が叶った感じだった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき