ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

腕時計にも自転車ナビゲーターにもできる世界初の万能スマートバンド「Wraapit」

巷でも徐々に普及しているスマートウォッチ。だがその機能は、何も腕時計だけに縛られるものではない。

たとえば、スマートウォッチのナビゲーション機能は自転車で走行している際にも活用できる。しかしスマートウォッチを腕にはめた状態では、なかなか見づらいだろう。
そこで開発されたのが「Wraapit」。棒状のものであれば、あらゆる場所に設置できる製品である。

・あらゆる場所に巻き付け可能

Wraapitのベルトは、スナップ動作で腕に巻き付ける方式のもの。開発者は「スナップラップバンド」と呼んでいる。

即座に腕にはめることができる仕組みだが、これは自転車のハンドルでも構わない。また、長袖の上から巻き付けることができる点も見逃せない。

Wraapitは着信通知、音楽操作、速度計、高度計、走行距離、そして位置情報などをナビゲーションしてくれる。PR動画では、自動車のハンドルに設置しているシーンも登場する。

アウトドアでの利用を想定していて、Wraapitは-20度の環境下でも動作可能。耐久性は申し分ないだろう。なお、通常使用でのバッテリー持続時間は1週間以上とのこと。スリーブモードでは30日以上の電力を確保している。

・日本へも配送

Wraapitは現在クラウドファンディング「Kickstarter」で出資を募っている。価格は69ポンド(約9800円)から。

嬉しいことに、日本への配送にも対応している。この場合は8ポンド(約1140円)の手数料が加算される。配送は11月から。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき