ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カミュが見た世界に眼差しを重ねる、米田知子の個展「アルべール・カミュとの対話」開催


米田知子
絡まる — マルヌ会戦の塹壕跡に立つ木々
2017, Chromogenic print, 65x83cm, ed.10
copyright the artist
courtesy of ShugoArts

米田知子の個展「アルべール・カミュとの対話」が、東京・六本木シュウゴアーツにて開催中。会期は、5月25日まで。

固有の場所や人の歴史、記憶を入念にリサーチし、その真実に迫る独特の手法で写真作品を制作してきた米田知子。本展では、『異邦人』『ペスト』など、20世紀を代表する小説を著したアルべール・カミュの軌跡を辿った「アルベール・カミュとの対話」(2017-18)を東京で初披露する。

1913年、仏領アルジェリアでヨーロッパからの入植者の家系に生まれたカミュ。2つの世界大戦、移民差別や政治問題など多くの苦難に翻弄されながら、著作を通じて、人間が遭遇する不条理の宿命を直視し、真の反抗や正義の意味、人間の共存とは何かを問い続けた。人間は平等の光と自然の恩恵を受け、自由を享受すべく存在し、暴力と権威を排除した生の尊厳を訴え、また苦悩した。

米田は、カミュの著作や時代背景、生き方を再考することの重大さを感じ、その足跡を辿るべくアルジェリアとフランスに向かった。

「アルベール・カミュとの対話」は、1914年の第一次世界大戦下のフランスで戦死したカミュの父を起点に、アルジェやティパサ、マルセイユ、パリなどを訪れ、カミュが見た世界に作家自らの眼差しを重ね合わせ制作したシリーズ。

制作のきっかけには、第二次世界大戦後に発表されたカミュの『犠牲者でもなく執行人でもなく』というエッセイがある。カミュの作品と生き方を軸に、「人間の存在と愛」の根本的意味を考えることの重大さを感じ、作品を通じて対話が出来ればという米田の願いが込められている。

米田知子「アルべール・カミュとの対話」
会期: 2019年4月13(土)‒5月25日(土)*祝⽇
休廊:4月28日(日)‒5月6日(月)
会場: シュウゴアーツ
106-0032 東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
開廊時間: 火〜土 午前11時-午後7時(日月祝休廊)

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき