ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題】令和最初の仮面ライダーは仮面ライダーゼロワンか / 特許庁に商標が出願される「仮面ライダーゼロワンのライドウォッチ」

kamen-rider-zero-one1

現在は仮面ライダージオウが絶賛放送中であり、平成ライダーが総出演する展開に多くのファンが歓喜している。そんななか、令和元年にスタートするとされている最新の仮面ライダーの名が「仮面ライダーゼロワン」(KAMEN RIDER ZERO-ONE)の可能性が高まった。

・仮面ライダーゼロワンが令和最初の仮面ライダーか
2019年4月19日に東映株式会社が特許庁に仮面ライダーゼロワンの名称を出願しており、2019年5月14日に一般向けに出願が公開された。令和は「0」(れい)と「1」(ワン)と読むことも可能なため、おそらくこの仮面ライダーゼロワンが令和最初の仮面ライダーの可能性が極めて高いと言われている。

・仮面ライダージオウにも仮面ライダーゼロワンが登場か
また、仮面ライダーシリーズは最終回あたりのエピソードや劇場映画に、次回の仮面ライダーがゲスト出演する展開がよくあるため、現在放送中の仮面ライダージオウにも仮面ライダーゼロワンが登場するかもしれない。

kamen-rider-zero-one

・仮面ライダーゼロワンのライドウォッチ
また、今回の仮面ライダージオウは、さまざまな仮面ライダーの要素を取り入れて変身できるライドウォッチが重要アイテムとして登場しているため、仮面ライダーゼロワンのライドウォッチを手に入れた仮面ライダージオウが誕生するのではないかともいわれている。

・令和時代も悪の存在を倒していく?
仮面ライダーは老若男女、どの世代も楽しむことができる国民的な特撮ドラマといえる。令和時代もさまざまな仮面ライダーが登場し、悪の存在を倒していくのかもしれない。

もっと詳しく読む: 令和最初の仮面ライダーは「仮面ライダーゼロワン」か / 特許庁に商標が出願される「仮面ライダーゼロワンのライドウォッチ」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/14/kamen-rider-zero-one-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。