超絶ヒット中!『アベンジャーズ/エンドゲーム』思い出だらけのMCUとの10年をプレイバックしてみた

access_time create folder映画

『アベンジャーズ/エンドゲーム』。何を言ってもネタバレするので、筆者の技量ではレビューは無理。それくらい、これから観る人に何の情報も入れてほしくない作品でした。その代わりと言っては何ですが、筆者とMCUの10年間をご査収ください。

もちろん始まりは『アイアンマン』(08)、『インクレディブル・ハルク』(08)で、当時はソニー・ピクチャーズが配給していました。来日インタビューもした記憶がありますが、ずいぶん前のことで記録がなかった。ハルクは<変身しても「愛」は変わらない>などと言い、吹替え版主演 の水嶋ヒロさんが、真夏に舞台あいさつに登壇もしていましたな。ナツい!

そして本稿で紹介できる記録が残っている作品は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(15)。筆者とMCUの10年と言いながら、ここ5年かよ!というわけですが、多くの取材をさせていただきました。いくつかピックアップしますが、まずは当時、ジョス・ウェドン監督に取材を。

■「男なら言葉より行動で表せ」 『アベンジャーズ』ジョス・ウェドン監督が男気メッセージ
https://news.aol.jp/2015/07/06/hwz_avengers/ [リンク]

この当時『ゴッドファーザーPART II』(74)をヒントにしていたと言っていて、のちのちわかるわけですが、ルッソ監督とは<似て非なるアプローチ>となるわけです。ジョス・ウェドンの先達としての功績も見逃せない。

また、同作では、エリザベス・オルセンも来日インタビューをしました。

■『アベンジャーズ』オルセン妹がボンクラ男子にメッセージ!『シビル・ウォー』の話も
https://news.aol.jp/2015/07/03/avengers/ [リンク]

『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』(16)の話をしている(笑)。インタビューの内容はともかく、当時の時代感が色濃く残っています。

そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)では、ピーター・クイル役のクリス・プラットを取材。これが初の来日でした。

■クリス・プラット語る、マーベル異色のヒーロー”スター・ロード”創造秘話
https://news.mynavi.jp/article/20170512-chris_pratt/ [リンク]

この時、カリフォルニアのディズニーランドに新たに誕生したアトラクション、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」についても聞いてます。ジェームズ・ガンは6回も乗ってた!

続いて『スパイダーマン:ホームカミング』(17)では、トムホくんに!!

■かわいい顔して男前!『スパイダーマン ホームカミング』トム・ホランドに直撃!【インタビュー】
https://filmaga.filmarks.com/articles/1394/ [リンク]

この時、ジョン・ワッツ監督とともに初来日でした。写真が大量ですが、MCUで代えがたい存在になるだろう気配が漂い、わくわくしたものです。

そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)では、またまたトムホくんに。しゃぶしゃぶのことをショドショドと言っていた時かな。

■スパイダーマン役トム・ホランドも楽しみにしている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、ついに公開。【来日インタビュー】
https://filmaga.filmarks.com/articles/1950/ [リンク]

そして、アンソニー・ルッソ監督。群像劇の名手に「群像劇お上手ですね!」と言っているような、取りようによっては失礼な感もありますが(笑)、すでにこの時、エンドゲームまで踏まえた物語は広がっていたわけで、そう考えるとしてやられたわけですが、幸せな時間をありがとう!

■第22回 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』アンソニー・ルッソ監督インタビュー
https://bookstand.webdoku.jp/cinema/ukita/201805/13145253.html [リンク]

そしてこの取材の時、ルッソ監督が撮る映画が面白い理由がよくわかりました。大風呂敷を広げる際には、もう畳み方まで決まっているわけです。

続いて同年『アントマン&ワスプ』ではアントマン役のポール・ラッド。彼の人柄の魅力なくしてアントマンはなかった。本当に素晴らしいです。

■史上最小ヒーロー・アントマン役ポール・ラッドは大のシネフィル!こころの一本を明かす【来日インタビュー】
https://filmaga.filmarks.com/articles/2204/ [リンク]

監督のペイトン・リードにもインタビューしました。近年海外パークと連動してのプロモーションも多いので、香港ディズニーランドのお話も。バースは異なりますが、当事者が関わっているので、興味深いですよね。

■第23回 『アントマン&ワスプ』ペイトン・リード監督インタビュー
https://bookstand.webdoku.jp/cinema/ukita/201809/19100000.html [リンク]

そして今年。『キャプテン・マーベル』(19)のアンナ・ボーデン監督とライアン・フレック監督に電話にてインタビューをしました。フレッシュ!

■『キャプテン・マーベル』監督インタビュー:『アベンジャーズ/エンドゲーム』との繋がりは?
https://jp.ign.com/captain-marvel/34269/interview/ [リンク]

こうしてプレイバックすると、『アイアンマン』(08)でロバート・ダウニー・Jrが来日した際は、まさかここまでMCUが巨大に成長するとは正直、思ってもいなかったです。その後ディズニーで配給するようになり、あれよあれよという間に21作品も生まれ、今回の22作目が『アベンジャーズ/エンドゲーム』。寂しい。でもこれは、もはや日本人が大好きなお祭り要素もあると同時に、MCUとあなたの10年間を思い返すいい機会にもなるはず。みなさんそれぞれの楽しみ方でそれぞれのエンドゲームをぜひ!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder映画
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧