ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ゾッとした」「自分も経験ある」 ボールを追って子どもが飛び出してくるドラレコ動画が危なすぎた

交通事故総合分析センターの調査によると、2016年に12歳以下の子どもが「第一当事者」(最初に交通事故に関与した該当者のうち、過失の重い側)とされた数は278件で、このうち飛び出しは6割以上を占めています。交通事故自体の発生件数は減少傾向とはいえ、ドライバーならば誰もがヒヤリという瞬間があるのではないでしょうか。

「世の中の車を運転する全ドライバーに今日俺が経験した映像を見てもらいたい」として『Twitter』でスバル車の純正オプションドライブレコーダーの動画を公開したなおきさん(@misutiruikoan) のツイートは、78万回以上再生されており、運転における危険予測の重要さを改めて感じさせてくれます。

左側の家の影からボールが転がってきて、バイクが減速。その後にボールを取ろうとした子どもが飛び出してきます。なおきさんによると「子どもがボールを追いかけてくるのでは、と予測して停車しています」といい、「路地曲がってすぐで、徐行してたおかげですぐ止まれたのだと思います」としていますが、一度減速した後にアクセルを踏んで事故になるケースもあるのでは?

「ゾッとした」「自分も何度か経験した」「何事もなくてよかった」という反応が多く集まっていただけでなく「ボールに気づかなかった」という声もあったこの動画。「教習所のシュミレーターと同じ」「危険予知訓練になる」といった反応もあり、生活道路で起きる状況として、それだけ可能性の高いものだったのではないでしょうか。

「ハンドルを握るドライバー全員に改めて気を付けて走ってもらいたいと思いツイートしました。こんなにも多くの方に興味を持っていただけてよかったです」というなおきさんは、「小さい子どもを持つ親御さんに、このような危険について注意して教育してもらえればと思います」とコメント。普段のドライブにおいても「速度を出しすぎないで、視野を広げ周囲の状況に気づけるように運転しています」とのことなので、特に住宅街や遮蔽物の多いルートを走る時に留意したいところです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/misutiruikoan/status/1124335263566651392 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。