ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

横から覗こうとすると見えない!? 『ゲームボーイ』世代の琴線に触れるイラストに共感多数

1989年4月発売の任天堂『ゲームボーイ』。1996年2月リリースの『ポケットモンスター赤・緑』を子どものころ夢中にプレイしたという人は多いはず。

『piviv』などで活動し、ゲームアプリ『縁側さん ~のんびりしていってね~』のイラストを担当しているカフェさんが、『Nintendo Switch』と『ゲームボーイ』で遊んでいるライチュウたちの画像をツイート。共感の声が多数集まっています。

『ゲームボーイ』の液晶は4階調モノクロで160×144ドット。そもそも画面が小さく、バックライトが未搭載でした。そのため、イラストのライチュウのように顔がくっつくくらいに近づけて正面から見ようとしないとプレイがわからなかった思い出を懐かしむ人たちからの反応が上がっていました。

・画面が暗くのぞき込まないとよく見えない
・液晶画面の視野角が狭く、斜めからのぞき込むと画面が真っ暗に見える or 色が非常に薄く見える。ゲームボーイカラーとかだと色が反転して見えたりする。
・そもそも画面が小さい

また、「暗い部屋では見えなかった」という声や、「頭の上から覗いていた」という人も。

めっちゃ可愛いwww

今と違って昔のゲームは色も無ければ発光もしてないから、正面以外はほぼ見えへんかったもんなぁ。

日差しの下やと正面からでもあんまり見えへん時あったし笑

あったあったwwwほっぺと言うか、めっさ頭ぶつけて来るのよなぁwww

「通信ケーブル持ってる人は神だった」「よく喧嘩になった」といった「あるある」が集まっていたほか、仕舞っていた携帯ゲーム機を持ち出した人も見られたこのイラスト。カフェさんは「子供たちが皆ぎゅうぎゅうになって『ゲームボーイ』をのぞき込んでいたというママさんの世間話を小耳にはさんで、そういえばその光景はあの時代ならではのものだったんだなあ、となつかしく思ってイラストを描きました」といい、「共感の声も、よくわからないという声もいろいろあって、当時を懐かしむ話がほほえましかったです」とコメントしてくれました。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/Cafe_Raichu/status/1123838525462466560 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき