ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

約400編成のプラレールが走行する巨大ジオラマに感動! 大人も子どもも夢いっぱいの『プラレール博』開幕

サンシャインシティ(東京・池袋)にて4月26日(金)~5月6日(月・休)まで開催中のイベント『プラレール博 in TOKYO』。

今年は昭和から平成、そして令和へと続く『プラレール』60周年の節目にふさわしく、大人も子どもも楽しめるビッグな催しが目白押し。さっそく会場をのぞいてきました!

全国のファンが「プラレールに出会える場所」として、2001年から全国の主要都市で開催している『プラレール博』。今年の目玉は何といっても、同イベント史上最大となる約400編成のプラレールが走行する巨大ジオラマと、その内側に出現したプラレールトンネル。

トンネルの内部に入ると、上下左右に走行するプラレールを特別な視点で堪能できちゃいます。一日中プラレールに囲まれていたいぞ!

ジオラマは多種多様なレールや情景部品を使ってアイデアあふれるレイアウトが満載。

大人気の『新幹線変形ロボ シンカリオン』や『きかんしゃトーマス』の世界観が楽しめるコーナーもありました。

さらに、プラレールの歴史を製品展示と共にふりかえる立体年表や、親子で遊べるアトラクションゾーンなど、楽しみ方は盛りだくさん。

また、同イベントの入場記念品として『60年記念プラレール博コンテナ車』もしくは『プラレールトーマス クリアブルーバージョン クララベル』の2種類から、いずれか1種を選んでゲットすることができます。

『プラレール博 in TOKYO ~超デカッ!プラレールトンネル登場!~』開催概要

開催期間:2019年4月26日(金)~5月6日(月・休)
開催時間:10:00~16:30(最終入場16:00)
会場:池袋 サンシャインシティ(ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA/文化会館ビル3・4F 展示ホールB・C)
料金:前売券(日付指定)/大人(中学生以上)900円、子ども(3歳~小学生)700円
当日券(日付指定)/大人(中学生以上)1000円、子ども(3歳~小学生)800円
※2歳以下は入場無料
※入場記念品は有料入場者のみ

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき