ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『IQOS 3 NIPPON 祝賀モデル』がお披露目 新元号制定を記念した日本限定販売モデル

フィリップ モリス ジャパンは、加熱式たばこ『IQOS(アイコス)』の日本限定販売モデル『IQOS 3 NIPPON 祝賀モデル』を4月17日にオンラインで、4月19日に全国のIQOSストア、IQOSショップで発売。19日にはメディア向けの展示会が開催されました。

2019年5月の新元号制定を記念した、『IQOS 3』シリーズでは初となる数量限定モデル。日本の伝統を白と真紅色のデバイスカラーで表現しています。

デバイス本体は書家/アーティストの紫舟氏と、gtdi 代表取締役ヘンリー・ホー氏がコラボレーションしたパッケージに収納。外装には『IQOS』の「Q」と2019年の「9」をモチーフにデザインした水引が付属し、同じデザインは灰皿にも使える杯にも使用されています。インナースリーブは巻物状になっており、247のすべての元号が記載されているほか、自身で元号を書き加えることができるスペースを用意。紫舟氏による「新」の文字がプリントされた面もあり、屏風のように立てかけてディスプレイできるのが特徴です。

価格は、『IQOS 3 NIPPON 祝賀モデル』が1万1980円(税込み)、『IQOS 3 MULTI NIPPON 祝賀モデル』が9980円(税込み)。全国9店舗のIQOSストアとIQOSショップ、IQOSオンラインストアで数量限定で販売中です。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき