ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瀬戸内海を眺めながらハワイ気分に浸れる限定レストランOPEN

2019年夏に開業25周年を迎える「グランドプリンスホテル広島」が、4月26日(金)~9月1日(日)の期間、金土日祝限定で、“HAWAIIAN RESORT”をコンセプトとした期間限定特別レストラン「シーサイドテラス」を屋外テラスにてオープンする。

「シーサイドテラス」で食べられるのは、ハワイの定番メニュー「1ポンドステーキ」6000円(税・サ料込)や「オマール海老のグリル」5000円(税・サ料込)など、ホテルにいながらハワイを感じられるホテルオリジナルメニューを提供。

「パパイヤボード」1500円(税・サ料込)は、半分にカットしたパパイヤの上にアイスクリームやフルーツをデコレーション。見た目も楽しい“映える”スイーツだ。

パイナップルを丸々1個使用した「シャンパンバケーション」4000円(税・サ料込)は、リゾート気分に浸れるフルーツシャンパンカクテル。

その他、フレッシュパイナップルといちご風味の「南国ハワイアンスムージー」1000円(税・サ料込)や、目の前に広がる瀬戸内海をイメージした「ソルティー・ブルー」1000円(税・サ料込)など、ノンアルコールドリンクも充実している。

爽やかな風を感じるガーデンテラスで、ハワイアンリゾート気分を満喫してみては?

■「グランドプリンスホテル広島」
住所:広島市南区元宇品町23-1

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。