ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

リアル『ロボジー』だと話題になったロシアのアイツが今度はサッカーの始球式に登場

去年12月、ロシアのテレビニュース番組で「最先端ロボット」と紹介され物議を醸したアイツが、今度はサッカーの始球式に現れた!


https://twitter.com/ilya_shepelin/status/1117030322754019329

アイツが登場したのは、13日にモスクワで行われたCSKA対オレンブルク戦の始球式。アナウンサーに「有名なロボット“アリョーシャ”が招待されています」と紹介された例の2足歩行ロボットは、自らの足でセンターマークまで歩いていき、サッカーボールを蹴り入れると、また歩いてフィールドの外へ退場していった。

アナウンサーが「ロボット」と呼び、解説者は「人工知能」と呼んだコイツだが、その正体は見ればすぐに分かる通り、中に人が入った、ただのコスプレ。アイアンマンやロボコップ、ストームトルーパーなどのコスプレスーツの制作を得意とする会社が約43万円で販売している、誰でも買えるロボットスーツだ。

ロシアでリアル『ロボジー』がバレる? しゃべって踊れる最先端ロボットの中に人が入っていた!
https://getnews.jp/archives/2104781[リンク]

ロシア人の中にはこのロボットコスプレを「祖国の恥だ」と否定的に考える人もいるようだが、興行主側としては前回、世界的ニュースとなったことに味を占めたのだろうか。今後もあちこちのイベントに登場してきそうである。

画像とソース引用:『Twitter』及び『meduza.io』より
https://meduza.io/shapito/2019/04/13/telekanal-match-pokazal-kak-robot-alesha-vvodit-myach-v-igru-tolko-eto-opyat-ne-robot-a-chelovek-v-kostyume[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき