ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ロシアでリアル『ロボジー』がバレる? しゃべって踊れる最先端ロボットの中に人が入っていた!

冴えない老人を中に仕込んだロボットが世間を騒がせるコメディ映画『ロボジー』(矢口史靖監督/2012年公開)の筋をなぞるかのようなニュースがロシアから飛び込んできた。

怪しいロボットが登場したのは、ロシアの若者を集めて行われた先端科学技術フォーラムでのこと。2足歩行可能な人型ロボットがステージ上で会話や軽やかなダンスを披露してみせ、その模様をロシアの国営テレビ『ロシア24』が「最先端ロボット」として放送した。

動画:Более 500 школьников со всей страны приехали в Ярославль на форум “Проектория” – Россия 24(YouTube)
https://youtu.be/4YUqUunt3Ns?t=152[リンク]

ロシアの少年たちにロボット工学の革新を伝え興味・関心を高めるために紹介されたロボットだったが、放送直後から一部メディアやネット民の間からは疑問の声が相次いだ。

「どこに“目”やセンサーがあるんだ?」
「なんでダンスに余計な動きが混ざるんだ?」
「なんで人がすっぽり入るデザインなんだ?」
「なんでロボットの声がホールのスピーカーから聞こえるんだ?」

そして検証が進められた結果、「最先端ロボット」が実はShow Robotsという会社が販売するロボットスーツであることが判明。要するにただのコスプレ衣装!

Show Robots公式サイト(http://xn--90azabhpc2b8a.xn--p1ai/costumes/6[リンク])より。身長165cmから185cmまで対応し重さは約10kg。フロントカメラ付きのタブレット、マイク、スピーカーなどを搭載してお値段は約43万円。


『ロシア24』が公式アカウントに投稿した写真でも、スーツの隙間から中の人の首が見えてしまっている。

フォーラムの主催者はロボットが“本物”であるとは主張していなかったということだが、『ロシア24』はロボットスーツであることを伏せ、まるで“本物”であるかのように放送した。つまり“炎上”上等で仕掛けた“釣り”だったわけだ。さらに“炎上”を受けて『ロシア24』は、「ウクライナのメディアが嘲笑的に報道しているけど、サンタのようなものだと誰でも絶対分かると思ったし、現場の学生たちも“中の人”に気付いていたよ」などと、開き直りの“後釣り宣言”にも聞こえる釈明を放送している。国営テレビが“釣り”ニュースを放送するとは、まったく、おそロシア!

画像とソース引用:『YouTube』『theguardian.com』『tjournal.ru』より
https://www.theguardian.com/world/2018/dec/12/high-tech-robot-at-russia-forum-turns-out-to-be-man-in-robot-suit[リンク]
https://tjournal.ru/media/82025-predpochli-poglumitsya-rossiya-24-obyasnila-fleshmobom-robota-v-kostyume-cheloveka[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき