ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「死ぬ気か?」「2度とデートできなくなるぞ」 ファッション誌「リケ女」着回し特集にツッコミ多数

毎回、荒唐無稽な設定と趣向を凝らしたストーリーで楽しましてくれる女性ファッション誌の着回し特集。今回『Twitter』などで話題となっているのが、2019年4月12日発売の『andGIRL』(エムオン・エンタテインメント)2019年5月号。

現場系女子のみんな〜〜!!!こめかみの血管が切れそうな案件が来たよ〜〜!!!

『OL聡子の「毎日カーデでドラマティック」な1ヶ月着回しDiary』と題された着回し特集では、モデルの宮田聡子さんが美容系家電メーカー勤務の「リケ女OL」に。「お土産が大好きで、出張先で買いまくり」「理系ゆえにスペックにこだわりがち」「今年の目標はヒット商品&彼氏を作ること」とのこと。ただ、1日目から新製品発表会でおめかししてドライヤーを手にしており、役職が不明です。

「えっ!?」となる問題の箇所では、作業室で技術部のミカくんと改良作業をして、洗えるユニクロのノースリーブ+カーディガン+水玉フレアニット。吹き出しには「洗えるから大丈夫!」とあり、汚れてもよいという認識なのでしょうが……大きめのべっ甲風ピアスにバレエシューズを着用しているあたり、ガテン系のお仕事に向いているようには見えません……。

『Twitter』では「死ぬ気か!?」「安全対策ガバガバ」というツッコミが多数集まっていただけでなく、危険を指摘するツイートも。

KYT(危険予知トレーニング)初心者講座に使えそうな題材として作ったのかってくらい死ぬ格好だからねこれ。
髪括らないと機械に巻き込まれて即死。
肩掛けのカーディガンも死ぬ。
そもそも現場作業でスカート履くとか死にますぞ。
あと二回三回来たら服使い物にならなくなる。間違いなく。

さらに、男性の白衣も「違う」という声が。

女性の服装の方は「あ、これ首締まる奴や」と一発で分かりましたが、男性の方も作業と服装が合ってない(通常、工作機械触る時は作業服を着用する)ですね・・・

ところで、白衣ってどんな状況で着るんでしょう?(危険な薬品だと化学防護服ですが)

「洗える洗えないの問題じゃない!」「2度とデートできなくなるぞ」といったツイートが多数寄せられた「リケ女」コーデ。「こんな現場はない」というのがリアルな意見なのではないでしょうか。ちなみに、後半はGWを挟むこともあってか、あまりお仕事している日がありませんでした……。

『andGIRL(アンドガール)』 公式サイト
https://www.andgirl.jp [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき