ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本人志『ドキュメンタル』シーズン7がAmazon Prime Videoで4月26日に配信スタート 全エピソードが一気見可能に

『Amazon Prime Video』オリジナルの人気バラエティ・シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン7が4月26日(金)より配信を開始。シリーズ史上初めて、全5話を一挙に配信します。

松本人志(ダウンタウン)がプレゼンターを務める『ドキュメンタル』シリーズは、日本のAmazonランキング大賞2018 – Prime会員特典 TV番組部門で第1位を獲得。絶大な人気を誇る“密室笑わせ合いサバイバル”番組。

参加費1人100万円、制限時間6時間で、同じ部屋に集まった参加者同士が笑わせ合うバトルロイヤルというルールで、笑ってしまった者は退場となり、最後の1人に残った者が優勝賞金1000万円を獲得します。

シーズン7に参加するのはこちらの10人。

宮迫博之(雨上がり決死隊)
たむらけんじ
ハリウッドザコシショウ
小籔千豊
後藤輝基(フットボールアワー)
ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
加藤歩(ザブングル)
ノブ(千鳥)
みちお(トム・ブラウン)
せいや(霜降り明星)

収録後のインタビューで松本は「笑い疲れたと言うか。こんなに芸人に何時間も面白いことやらせ続け、働き方改革的に良いのかとも思いましたね。予想通りと言いますか、予想以上と言いますか、ラストの1秒まで無駄にせずやりきりましたね。」とコメント。このメンバーでの笑わせ合いがどんな展開を迎えるのか、気になる人は全エピソードを一気見できてしまいます!

4月26日配信スタート!『ドキュメンタル シーズン7』60秒予告 | Amazonプライム・ビデオ(YouTube)
https://youtu.be/cv-FW4_9JdE

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』視聴ページ:
http://www.amazon.co.jp/documental

シーズン7の配信に先行して4月16日からは、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』メキシコ版として制作されたPrime Original『LOL: HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~メキシコ版~』が日本のPrime Videoにて配信を開始。

メキシコを代表するコメディアンであり、近年では俳優、作家、監督、プロデューサーとしてハリウッドでも活躍するエウヘニオ・デルベス氏によって集められたスタンドアップ・コメディアンから、女優、俳優、YouTuberと様々な分野で活躍する男女10名が笑わせ合いバトルに挑戦します。メキシコではどのような笑いで初代優勝者の栄光を手にするのか……。シーズン7配信開始を待つ間、日本を含む200以上の国や地域で配信中の“逆輸入版ドキュメンタル”を楽しみましょう。

”逆輸入盤ドキュメンタル” 『LOL: HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~メキシコ版~』 予告動画公開!Amazon Prime Video(YouTube)
https://youtu.be/BoxA5C7m2AI

ちなみに、きんどうさんはいち早く発見していました。さすが!


https://twitter.com/zoknd/status/1117807843149635584

Prime Original『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン7/(C) 2019 YD Creation

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。