ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映像作家・荒木悠、ピエール・ロティ『秋の日本』を題材に映像作品を発表

1904141
資生堂ギャラリー「荒木悠展:LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ」展示風景
撮影:加藤健

「荒木悠展:LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ」が、銀座・資生堂ギャラリーにて開催中。会期は、4月3日から6月23日まで。

国際的に活躍する映像作家・荒木悠は、世界各地での滞在制作などを通して、文化の伝播と誤訳、その過程で生じる差異や類似などに着目し、社会・歴史を背景にした映像作品を制作している。

本展では、歴史の中の1コマに異なる視点を重ねた作品を展示。展覧会のメインとなるのは、フランス人作家・ピエール・ロティによる著作『秋の日本』の、「江戸の舞踏会」の章を題材にした映像作品。明治18年、鹿鳴館での舞踏会を訪れたロティが、自身の視点でその様子を描いた見聞録、そしてそれをもとに芥川龍之介が書いた『舞踏会』をベースにして、東洋と西洋の眼差しが交差する情景を描き出す。

その他、ロティの『秋の日本』に収録されている「聖なる都・京都」「日光霊山」「江戸」の章でロティが記録した場所を荒木が撮影した作品も登場。100年以上前と現在とのズレから、映像に写らない「風景」を映すことを試みている。

もし100年後の人々が見たら滑稽さに微笑んでしまうような、“時空を超えたお土産(souvenir)”となることを想定し、東洋と西洋、ジェンダー、階層、世代、時代など、色々な差異が入り混じる様を浮き彫りにすることで、多様な現代社会においての「他者理解」や「寛容」に関しても問いかけるような内容となっている。

1904143
「The Last Ball」展示風景2019 映像
撮影:加藤健

「荒木悠展:LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ」
会期:2019年4月3日(水)~6月23日(日)
時間:平日 11:00~19:00、日・祝 11:00~18:00 毎週月曜休(月曜日が祝日にあたる場合も休館)
料金:入場無料
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座 8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
TEL:03-3572-3901

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。