ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

プーケットのマイカオビーチで自撮りしたら最悪死刑になるかも?

映えを狙った自撮り(セルフィー)という行為が一般的になったことで、映えスポットが新しく観光名所になったりする昨今です。プーケットのマイカオビーチも、プーケット国際空港が隣接している関係で、超低空飛行する飛行機と共に写真撮影をする人が多い観光名所となっています。

View this post on Instagram mundorepost♻️さん(@mundo.repost)がシェアした投稿 – 2019年 4月月11日午後1時33分PDT

https://www.instagram.com/p/BwIPnoen5By/

タイの英字新聞『バンコック・ポスト』が伝えるところによると、自撮り目的でプーケット国際空港の滑走路付近まで近づく観光客対策及び飛行機の航空安全を維持するため、滑走路近くに設けた安全地帯が立ち入り禁止エリアになったとのことです。タイ当局によれば、飛行機を背景に写真撮影する行為が危険なことから、国際民間航空機関が要求する安全基準を適用しなければならないとのこと。「観光と安全が共存しなければならない」とタイ当局関係者は語ります。

同時に、プーケット国際空港から半径9キロ以内に居住する人に対し、ドローンの飛行や飛行機に向けたフラッシュ撮影をしないよう警告しています。航空法に違反した場合、「刑罰は最高で死刑」になるということなので、プーケットのマイカオビーチを訪れる際は、映え狙いで空港に近づきすぎないようご注意ください。

海外旅行前にはご注意を! 自撮り禁止の観光名所10か所
https://getnews.jp/archives/2137446[リンク]

※画像とソース:
https://www.bangkokpost.com/news/general/1640908/tourists-urged-to-stay-off-airports-selfie-runway

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき