ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あらゆるポートをまとめたMac向けのUSB-Cハブ「AllHub」はQiワイヤレス充電器にも

MacBook ProやMacBookを利用しているユーザーからよく聞く定番の悩みが、搭載されているポートがUSB Type-Cのみだという点だろう。USBメモリやSDカードからデータを読み込みたい場合は別途USB-Cのハブを利用する必要がある。

そんなときに今回紹介する「AllHub」が活躍してくれそうだ。

・11種類ものポートを搭載した万能型

AllHubはまさにその名の通り、ほぼあらゆるポート類をひとまとめにしたUSB-Cハブだ。USB Type-Cポートが1つ、Type-Aポートが5つ(3.0×2と2.0×3)、4K HDMIポートが1つ、SD/TFカードリーダーが1つ、ヘッドホン/マイクジャックがそれぞれ1つ、Ethernetポートが1つ、とその数なんと合計11種類にのぼる。

Macで作業するときにとりあえずこれ1台もっておけばおよそ全ての用途をカバーしてくれそうだ。なお、USB Type-Cポートは最大100Wの電力を給電できるPower Deliveryにも対応している。

・Qiワイヤレス充電器にも

さらに嬉しいのが、AllHubの天板部分はQiのワイヤレス充電パッドになっている点だ。Androidだと最大10W、iPhoneだと7.5Wの電気出力となる。

ワイヤレス充電に対応しているスマホ/iPhoneをもっていれば充電ケーブルも不要になるということなので、さらに机の上がサッパリするのではないだろうか?サイズも決して大きすぎないため、外出先での作業にも使えそうだ。

AllHubは現在Indiegogoにてキャンペーンを実施しており、1台69ドル(約7730円)から出資注文が可能だ。発送は2019年7月頃を予定しているようだ。

執筆:Doga

AllHub/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。