ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロシア、米国、中国、欧州連合:列強入り乱れるイタリアと『世界家族会議』(Passione)

ロシア、米国、中国、欧州連合:列強入り乱れるイタリアと『世界家族会議』

今回は平島 幹さんのブログ『Passione』からご寄稿いただきました。

ロシア、米国、中国、欧州連合:列強入り乱れるイタリアと『世界家族会議』(Passione)

フェミ・デモに集まった人々

国際婦人デーの5万人デモを皮切りに、3月のローマでは女性たちに関するイベントが各地区でポジティブにパワフルに繰り広げられ、当初は女性たちをテーマにこの項をまとめるつもりでした。しかし現在、女性たち、そして彼女たちを応援する市民の大きな懸念となっている『ピロン法案』を調べるうちに、米国右派やロシアの宗教原理主義者たちが中核を担う『世界家族会議』までをたどらざるをえなくなった。そのうちローマに、『一帯一路』プロジェクトを含む中伊通商合意の覚書に調印するために中国首席が訪れ、それから1週間もせぬうちにヴェローナで『世界家族会議』が開催された3月のイタリアが、いつのまにか世界の縮図のような状況になっていることに「ええ!」と驚くことになったわけです(タイトルの写真は『ピロン法案』に反対するフェミ・デモに集まった人々)。

さて、『ピロン法案』から『世界家族会議』までを、無邪気に旅するうちに、驚きとともにあれこれの発見がありましたが、その経緯を追う前に、中国との合意を確認したイタリアの状況を、まずさらっと追ってみようと思います。

というのも中国主席イタリア訪問と『世界家族会議』は全然関係ないようでも、全体を俯瞰してみるなら、中国、米国、ロシアという列強の、イタリア、さらには欧州連合を巡る、緊張をはらむ政治・経済ストラテジーが、ぼんやりと浮かび上がってくるように思うからです。

その相関関係から、もはや絶対的に『右派連合(同盟+フォルツァ・イタリア+イタリアの同朋)』として優位に立ち、ひょっとすると政権を握る可能性があるほどの支持率を誇りながら、なぜ『同盟』が『5つ星運動』との連帯を解消しないかが、なんとなく分かってきました。ロシア、米国右派と強いつながりを持つ、海千山千の古参政党『同盟』にとっては、『5つ星』という、外交には無垢で、イデオロギーを明確に持たない勢力と連帯を保つことで、5月の欧州議会選挙を控えたイタリアの(あるいは選挙後も)諸外国外交においては、ある種のバランスを保つことができる。それに、ベルルスコーニ元首相にあれこれ口出しされるのも困りものです。

実際、G7を構成する国々において、『一帯一路』の覚書に一番乗りで調印したイタリアで、政権樹立後、ただちに北京を何回か訪問するなど、中国との外交に積極的に関わっていたのは『5つ星運動』でした。調印に関しては、このまま「中国ネオ・コロニアリズムに巻き込まれてしまうのではないか」、「アフリカ諸国やアジアの国々の例があるように、いつの間にか経済主権を奪われるのではないか」、そもそも「われわれは米国のコロニーなのか、それともロシアなのか、中国なのか」という声も、確かにあった。

わたし個人としては、中国の一党独裁と全体主義、少数民族の人々への極端な圧政、人権のコンセプトがまったく通用しない強権的な独自ルールで世界経済を牽引する有り様に、「現在のイタリアが中国と渡り合えるだろうか」と、あまり楽観的にはなれない、というのが正直なところです。が、と同時にイタリアという国は(そして欧州連合も)意外に姑息で老獪だ、とも考えています。

要するに、米国、ロシア、中国という列強を矛盾なく取り込めるのは、イタリアが『同盟』、『5つ星運動』という、まったく違う政策とキャラクターを持つ、そもそも矛盾した勢力が政権を構成しているからでもある。ちなみに中国主席が訪れた21日には、偶然なのか意図的なのか、イタリアではいつのまにかパブリックな存在となったスティーブ・バノンもローマを訪れ、シンパたちとの会合で、「中国は危険な国である」「フアーウェイの5Gは絶対に許可してはいけない」と熱弁した、と報道されました。そのバノンは、世界で一番面白く、重要なスタンスにあるのはイタリア連帯契約政府だ、と賞賛しています。

ところで、中国主席のイタリア訪問にはもともと賛否両論があったので、訪問中には盛んな議論が巻き起こるかも、と想像していましたが、懸念の声がちらほら聞かれたぐらいに終わりました。超厳戒態勢が敷かれながらも、意外と静かに厳かに、大統領府で豪華な晩餐会が開かれ、上院であるマダーマ宮殿で調印の儀式が進行した。というのも、『一帯一路』プロジェクトという国際政治に関わる件はともかく、今回の中伊の通商合意は現政府の決定的意向というより、『オリーブの木』政権あたりから民主党政権時代まで少しづつ温めた中国との関係で、ようやく商機が熟した、という空気もあるからです。イタリアの4、5倍は中国とのビジネスが盛んなドイツや英国、フランスに比べると、はるかに出遅れていました。

大判風刺画

中国主席が訪れた当日のIl foglio紙は、一面、裏面と、どうしても買いたくなる大判風刺画に包まれていました。「大丈夫だよ。うまくやれるから。実際、(この龍は) 僕の手から餌を食べるんだ」と、楽観的なコンテ首相が手綱をつけた龍は「ピン」と書かれた名札をつけている。これはかつてディ・マイオ副首相が中国を訪れた際、記者会見で中国主席の名字を間違えて「ミスター・ピン」と呼び、「えー!? 名前を間違えるなんて」と笑いを誘ったエピソードから。人気風刺画家、マコックス(マルコ・ダンブロジオ)の作品です。裏面は「欧州万歳、ようこそ、ミスター・ピン」と欧州連合の旗の全面写真という念の入れようでした。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき