ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

平成展「COUNTDOWN PARTY」第2弾アーティストに仮谷せいらなど7組

平成展「COUNTDOWN PARTY」第2弾アーティストに仮谷せいらなど7組

平成最後の日となる4月30日(火・祝)21時から開催される「平成→令和 COUNTDOWN PARTY presented by KAI-YOU×TOKYO culture research」の第2弾出演アーティストが発表された。

このイベントは、東京カルチャーリサーチで開催中の“平成”をポップカルチャーで振り返る「平成展」のクロージングパーティー。

新たに発表されたのは、仮谷せいらさん、BOBBYさん、KANAOKAさん、UGさん、t.a.mdiscoさん、SASAKI JUSWANNACHILLさん、TSUCHIFUMAZUさんの7組。

第1弾としてはtofubeatsさん、DJ HASEBEさん、DJ シーザーさん、YonYonさん、hasさん、なぎさん、tarosさん、ダイキハヤシさん、MARSHALLさんが発表されている。

物の価値と本質を考え直す「平成展」

平成展

「平成展」は平成を振り返る三連展として、2018年8月から東京シティビューが同年にオープンした小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」で開催されている。

ポップカルチャーが「文化」として認められるようになった1990年代と2000年代を経て、企画展のラストを飾るのが3月29日から開催中の「平成展 2010-2019」。

真偽不明のツイートやで感情や価値観を逆なでする「炎上商法」なども横行する日常の中で、「価値観を揺さぶる」をテーマとした今回の展示では、会場内に「平成水」を限定数量で販売・展示。

嘘と真実が混じり合う現代社会の中で、「物」の価値や本質について再び考え直す機会になりそうだ。

「COUNTDOWN PARTY」第2弾アーティスト

第1弾アーティストも見る

引用元

平成展「COUNTDOWN PARTY」第2弾アーティストに仮谷せいらなど7組

関連記事

音楽家「中村佳穂」から目を離さないで 米津玄師も絶賛する才能
シューゲイザーファン唸らせるリンゴ・デススター ファンが見た来日公演
「バーチャルワダリン」が次元を超えた Maison book girl和田輪 生誕イベントレポ

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき