ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

コラボメニューに“愛”がたっぷり!! 『プリティーリズム・レインボーライブ』のイースターカフェが原宿で開催!

プリズムストーン原宿店の真上にあるAMO CAFEにて、『プリティーオールフレンズ レインボー♡イースターカフェ』が開催されます。イースターをテーマにした『プリティーリズム・レインボーライブ』のコラボカフェということで、描き下ろしのグッズや限定コラボメニューなどが実施されます。

『プリティーリズム』シリーズは、『プリティーリズム・オーロラドリーム』から『アイドルタイムプリパラ』まで歴代5作品の主人公を集めた“プリティーオールフレンズプロジェクト”を実施中。2020年のシリーズ誕生10周年に向けて2018年4月から始動しています。

コラボメニューは、『レインボーライブ』の登場キャラクターをモチーフにしたメニューがズラリ。キャラクターそれぞれのエピソードを元にしたメニューとなっており、作品への愛がものすごく詰まったコラボメニューとなっています。

『レインボーライブ』愛がぎっしり込められたコラボフード

第1弾(4月12日〜4月25日)ハッピーレイン♪

第1弾は“ハッピーレイン♪”のコラボメニューが登場。メニューの考案者の話によると、「第1弾はTVシリーズ終了後の3人をイメージしたメニューとなっている」とのこと。彩瀬なるのメニューは、「彩瀬家の特製! ハート♥イロ♥“ジン・ギス・カン”ドリームプレート」。TVシリーズの50話の後の彩瀬家でりんねちゃんのことを思って作ったメニューだそうです。ジンギスカンとカニの形のごはんを合わせて修学旅行の思い出に浸れそう。コラボメニューでジンギスカン自体珍しい物ですが、臭みも少なく食べやすいのでとってもハピなるなメニューです。

涼野いとのメニューは「思い出のクリームシチューに運命の赤い“いと”~クロスサラダとパンを添えて~」。涼野家の定番メニューであるシチューとサラダにパンという組み合わせで涼野家の食卓を楽しめます。シチューにはライブハウス“Lucky☆Star”のロゴが添えられていますが、もちろん食べられます。サラダにも十字架(クロス)があるなど小ネタもバッチリ。

福原あんのメニューは「めちゃうま!! 私の好きなクレームブリュレの味がする! パンケーキ」。クレームブリュレとパンケーキを組み合わせたスイーツで、第2話で飛び出した名言を再現したメニューとなっています。そのままでも美味しいですが、ブルーラズベリーソースをかけるとミステリアスな美味しさに変わります。イチゴの4分音符と煎餅もあってめちゃうま。

第2弾(4月26日〜5月9日)デュオショー

彩瀬なると蓮城寺べるのデュオをイメージしたのは「Little Wing & Beautiful Pride “ラブリーダック&セクシーチキン”全然違う二人だからできた、まだ誰も見たことのない情熱のチキンプレート」。かわいい見た目のダックにはライスが、チキンにはトマトガーリックソースのかかっており、見た目も味も全然違うけど相性ぴったりなコンビネーション。2人のプリズムショーでも登場した剣と矢が刺さっている情熱の一品です。

涼野いとと小鳥遊おとはのデュオをイメージしたのは「ALIVE “胸キュンクールサラダ&フェミニンポタージュ”二人のロマンティックサラダショー!」。お泊まり会での食事をイメージした、サラダにスープ、パンの組み合わせとなっています。ポタージュには夜空をイメージした星が散りばめられていてまさにメルヘン。サラダも黄色いパプリカと紫キャベツの組み合わせがクールに決まっています。

福原あんと森園わかなのデュオは「cherry-picking days“ポップンミニパンケーキ&エスニなアイス”恋する二人のマジカルスペースデザート」。スティックが添えられたドラムを模したパンケーキと、2人の色々な思いが混ぜ合わさったマーブルアイスが相性抜群。ブルーラズベリーソースとキウイソースでカラーリングもバッチリなデザートです。

第3弾(5月10日〜5月26日)ベルローズ

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき