ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CV:子安武人が怪しい!? ラスボスを想像する楽しみも!アニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』 前野智昭&細谷佳正インタビュー

妖精を人間が兵器として使役し戦いを繰り広げるオリジナルアニメーション『Fairy gone フェアリーゴーン』が4月7日よりTOKYO MX他にて放送スタート。

監督は『ジョジョの奇妙な冒険』『はたらく細胞』の鈴木健一さん、シリーズ構成・脚本は『灰と幻想のグリムガル』『薔薇のマリア』(原作)の十文字青さん、音楽プロデュースは『灰と幻想のグリムガル』の作中音楽を全て手掛けた(K)NoW_NAME(ノウネイム)、アニメーション制作は『SHIROBAKO』『さよならの朝に約束の花をかざろう』のP.A.WORKSといった、骨太なファンタジー作品が期待できそうなスタッフ陣が集結。

今作は、妖精を戦争の道具として自在に操る『妖精兵』と呼ばれる兵士たちがそれぞれの正義を求め戦う物語。

今回は、メインキャラクターの違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊長代理 フリー・アンダーバーを演じる前野智昭さん、孤高のテロリスト ウルフラン・ロウを演じる細谷佳正さんにインタビュー。

見どころやこの作品ならではの収録現場の裏話などお話を伺いました。

妖精を駆使したトリッキーな戦い方に注目!

――オリジナル作品ということで、今作の世界観など最初に感じた印象を教えてください。

前野:最初に設定を見させていただいて、第一印象はファンタジー要素を取り入れた西部劇のような設定だなと思いました。そのファンタジー要素というのが主に妖精を武器として使役するという設定で、妖精を武器にして戦う作品は僕の知っている限りではあまりなかったので、新しい作品がまた世に出てきたなと思いました。そして、統一戦争を経てドロテアという妖精を取り締まる言わば警察のような仕事だったり、一方ではテロリストのような仕事をしていたり、本当にそれぞれのキャラクターにいろんな信念があって、深く考えると「正義とは何か?」を考えさせられる作品になりそうだなと感じました。

細谷:ウルフランの話になってしまうんですけど、統一戦争で自分が大切にしていた家族を亡くしてしまった事でテロリストになってしまったという設定が印象的でした。統一戦争の規模も、『第二次世界大戦』のような大規模なものをイメージしていました。

――ご自身の演じるキャラクターをどのように捉えていますか?

前野:フリーは元々統一戦争で一緒に戦っていたウルフランと今は道が違えているという状況なんですけど、その中でドロテアという妖精を取り締まる機関で働いている人物でとても底が見えないキャラクター。言葉を選ばずに例えるならルパン三世のようなキャラクターと言いますか(笑)。常に大人の余裕と冗談交じりな部分を持ち合わせている。だから、いろいろな振り幅でお芝居を出来るキャラクターで、すごくやりがいを感じています。様々な経験や実績があってそういった人格になっているんだと思いますが、現在アフレコを終えた5話、6話段階ではまだまだ僕もフリーがどのくらいまでの能力を持っているかは、正直測りかねているところもあるので、そのくらい、いろいろな可能性を秘めているキャラクターだと思いますね。きっとこれから主人公のマーリヤと良い信頼関係を築いていくのではなかろうかと予想していますけど、なにせオリジナルなので、どうなっていくかは僕らもまだわからないです。

細谷:ウルフランは、統一戦争で自分の愛する妻と娘を失ったことで、テロリストになった、というところから物語がスタートします。物語の序盤では、登場シーンが少ないし、それも『重要に見える』わけでもないんですね。監督は「序盤は権力者が居るいろいろなところに顔を出しているけど、まだ物語の展開としてどういう人間かを明かしたくない」と言っていたので、キャラクターについて話せる事はないんです(笑)。

――演じる上で受けたディレクションや、意識している部分は?

前野:第1話のときはシリアスなセリフが多かったこともあって、けっこう深刻に捉えすぎてしまっていて、物語全体に暗い印象をもたらしてしまうのではないか、というご指摘をいただきました。そこから、フリーはフランクなところは本当にフランクに良いお兄さんといったキャラクターで、戦闘になった時は荒々しい感じで締めるところはちゃんとキリッと締められる、そういうキャラクターにしていきたい、というご指導があったので、だいぶ演じやすくなりました。僕の中では、本当にフリー・アンダーバーという海外の役者さんがいて、それに僕が吹き替えをしているような印象が強いです。

細谷:監督が『ウルフランがどう言う人間かを、序盤では明かしたくない』と言っていたので、正体不明な印象を視聴者に持ってもらえるように、存在を主張し過ぎないようにしています。でも『謎の人アピール』みたいになってもダサいじゃないですか(笑)? かといって存在が薄くて忘れられてもダメなので、視聴者には『ちょうどいい感じに気になる』みたいな印象を与えられたらと思ってやっています。

――妖精というと、可愛らしかったり、いたずら好きだったりといったイメージが一般的には多いと思いますが、この作品の妖精の印象はどんなものですか?

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。