ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今世界で一番有名な若者“エッグボーイ(Egg Boy)” 世界中から支持が集まる

3月15日にニュージーランドのモスク2か所で発生したクライストチャーチ銃乱射事件。この事件で逮捕されたブレントン・タラン容疑者の出身国、オーストラリアのフレイザー・アニング上院議員が、テレビの生中継中に卵をぶつけられ、卵をぶつけた少年を殴る事態が発生しました。

https://twitter.com/itvnews/status/1106841130631643136
こちらがその時の映像です。事の発端は、クライストチャーチ銃乱射事件発生後、同議員がイスラム教を「ファシズムと同等の宗教」というコメントを発したことです。卵をぶつけた少年は、メルボルン在住のウィル・コノリーという名前の17才ということが判明しています。この少年はインターネット上で「エッグボーイ(Egg Boy)」と命名され、瞬く間に世界中から賛同の声が集まりました。“エッグボーイ”は、一時警察に拘束されましたが、その後は釈放されています。


https://twitter.com/zanderliem/status/1106841915121528834
「親愛なるエッグボーイへ 人種差別主義者のアニング上院議員に対して、オーストラリア政府がすべきこと以上のことをしてくれた君の勇気に大変感謝します。敬具 『Twitter』ユーザー」というツイートに代表されるように、世界中で“エッグボーイ”を支持する動きが強まっています。

View this post on Instagram Van T Ruddさん(@van_and_paint)がシェアした投稿 – 2019年 3月月17日午後1時41分PDT

https://www.instagram.com/p/BvH4nZ3nLgh/
メルボルンには“エッグボーイ”を称賛する壁画が登場。


https://twitter.com/tomsteinfort/status/1108144910123716608
メルボルン出身でアメリカのプロバスケットボールリーグ、NBAで活躍中のベン・シモンズ選手は、「エッグボーイ」と書かれたシューズを履いてゲームに出場。


https://twitter.com/RollingLoud/status/1106951580333600768
フロリダで開催中の音楽フェスティバル『2019 Rolling Loud Miami』は、“エッグボーイ”に無料チケットをオファー。

Money for EggBoi [リンク]
https://www.gofundme.com/money-for-eggboi

クラウドファンディングサイトの『ゴーファンドミー(GoFundMe)』では、“エッグボーイ”支援のプロジェクトが立ち上がりました。裁判などにかかるであろう費用とより多くの卵を目的とした資金集めですが、記事執筆時点では、目標金額5万ドル(約550万円)のところ、8日間で3304名の支援者から7万9022ドル(約868万円)を集めることに成功しています。

Remove Fraser Anning from parliament
[リンク]
https://www.change.org/p/the-prime-minister-remove-fraser-anning-from-parliament

一方、『Change.org』ではフレイザー・アニング上院議員の辞任を要求するキャンペーンが立ち上がっています。アニング上院議員の辞任に賛成する150万人の署名を求めるキャンペーンですが、記事執筆時点で、すでに141万7311 人の署名が集まっています。

※画像:
https://www.gofundme.com/money-for-eggboi

※ソース:
https://www.news.com.au/lifestyle/real-life/news-life/egg-boy-will-connollys-rise-to-fame-around-the-world/news-story/0d8f6a7fe439e32e99f432ef61c06560

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。